ご指定のページは見つかり早熟んでした/長野県 懐胎後期の過ごし方について

付け届け妊娠22w3dの初産婦です。妊娠中期の胃袋の張りについて質問です。妊娠の経過は、初期に吐き悪阻が酷かった程度であとは何も異常しえはありませんでした。20wに入って、下腹部のキリキリ

とした痛みが出てきましたがお腹が大きくなってきたから、子宮や靭帯などが伸びているからだと毒心っていました。22wに入って、昼まえ方に下腹部に激痛がはしりました。3第四次元ほどで痛みは引いたのと、出血がなかったこと。翌日が健診日だったので状況を見てましたがその日の夜にも同じ激痛がはしりました。2第四次元ほど様子を見ていましたが、あまりよくならず病院に電話したところ受診するようにと指示があり、受診しました。するとお腹がカチカチに張っていると言われ、これがお腹の張りなのか…と毒心いました。子宮頸管の長さは4サンチほどあり、今すぐ生まれるとかではないから、張り止めの薬を飲んで様子を見てと言われて帰りました。帰宅後、再び激痛があり張り止めを4第四次元おきに3回飲みましたがおさまらず、もう一度受診しました。結句張りはあるが子宮頸管の長さはかわっていないとのこと。張りの原因を探る利得入院を勧められたので、不安も痛みもあったので入院しました。入院後、ウテメリンの24第四次元点滴が始まりましたが痛みは変わらずあり、痛みのせいでお腹の張りはよくわかりませんでした。翌日、血液検査や細菌検査では異常しえはないため、張りが落ち着いたら退院して良いと言われました。張りの感覚がよくわからなかったのですが、点滴から内服に切り替えた途端にお腹がキューっと中から押される感じがあり、これがお腹の張り?と毒心い、間隔を計っていたら10分間隔で痛みもありました激痛ではなかったですナースコールを押して看護師さんを呼びました。NSTをつけてもらって、赤ちゃんは元気ですが、結句子宮は定期的に収縮していたようです。10分間隔から5分間隔になってきて、内科医の指示でニフェジピンを内服しました。その後は張りの間隔が伸びていき、1第四次元おきに1度張る程度です。明日退院の予定だったのですが、1時間おきにお腹が張る状態で張りが落ち着いていると言えるのでしょうか?なぜお腹が張るのか原因がよくわかっていないことも不安なのですが、ただ張りやすい体質ということで、この程度なら退院して自宅で安だれにしていてもいいのではないかな…とも思います。旦那や母は大事をとってもっと入院していろと言いますが、このまま入院していても特に天下太平療はないし…他の重症の方が入院出来ないのではと考えるとなんだか居づらいです。医師がこの日まで状況見て、経過がいいなら退院の日を調整しよう!とか言ってくれればいいのですが、私の希望で入院も退院も決まるので、これでいいのかな…と迷います。みなさんの経験談や、お考えをコメントしていただけないでしょうか?参考にしたいと毒心います。

ご指定のページは見つかり早熟んでした/長野県。

申し訳あり早熟んが、お探しのページは存在し早熟ん。

URLをご確認いただき、ページ上部にあるサイト内検索から検索していただくか、トップページまたはサイト地図より検索してください。

懐胎後期の過ごし方について。

妊娠28週妊娠8か月以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きいくなってきたのが目立つ時期です。胃袋の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。

妊娠後期、気になる主な疾患は『火急早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『火急早産』について話しましょう。

『切迫早産』の主な症状は「胃袋の張り」です。胃袋が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。

胃袋の張りが強くなり、痛みや出血を伴って陣痛になり、分娩に進んでいくことがあります。時折、初産婦さんが「妊娠の早い時期から胃袋が張る」という自覚があると聞くことがありますが、これは少々問題です。臨月お産になってもよい妊娠10か月か妊娠9か月の終わりくらいから、胃袋の張りを感じるほうがよいでしょう。

子宮をゴム風船にたとえて説明朝してみましょう。初産婦さんの子宮は、一度も膨らんだことのないゴム風船と同じで、伸縮性が少ないため、胃袋の張りと感じにくい構造だということです。

一方、経産婦さんの子宮は、膨らんだことのあるゴム軽気球と同じです。軟らかいので苦もなく膨らみ伸び縮みしやすく、その伸び縮みをお腹の張りとして感じるわけです。

経産婦さんは妊娠8か月頃から、時々胃袋の張りを感じることがありますが、痛みを伴わなければそれほど心配しなくてよいでしょう。しかし、胃袋は張らないに越したことはありません。

今までの妊娠の経験から「どんな時に、どんなことをすると、お腹が張りあっさりした」とわかるでしょう。それを避けて、張らない工旦那をすることをお勧めします。

さて、人間に比べて四足歩行の動物は、早産が少ないことをご存知ですか?

人間は二足歩行ですので、重力と赤ちゃんが生まれてくる方針路が一緒なのに対して、四足歩行の動物は重力と分娩方針路が90度違うので、早産が少ないといわれています。「人間も同じ状態身体を横たえるで生活すれば予防できる」これが安だれを勧める理由です。

妊娠後期に入ったら、できる限り昼食後に横になるように、そして第四次元があれば座って過ごすより、横になるように心がけていただくと、お腹の張りの不安が少し解消できるかもしれません。ただし、胃袋の張りの自覚は『切迫早産』の症状だけではありません。

胃袋の張りを感じるようなら、直ちに産婦人科を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です