オセロの遊び道筋は1つではない ボードゲームの第一人者様

オセロを使って

遊べるゲームなどはありますか?
↑挟んでひっくり返すゲーム言意外に

オセロの遊び方は1つではない。

世の中に知育ゲームがたくさん出回っている中、正直どんなものを選べば適正のかわかりませんよね。

物によっては、幼少期しか遊べない、逆に難いすぎて年齢を選ぶものもありますよね。

しかし、使用法を少し変えただけで幼児から小学殖生まで幅広く遊べるものも多数存在します。

今回はその中の一つ、オセロの遊び道筋についてご紹介していきたいと思います。

さて、オセロの遊び道筋ってどんなものがあると思いますか。

8×8マス盤公儀の対戦形式のゲーム。

白、黒の駒を使経費し、交互に駒を1つづつ置いていく。

最初に中央のマスに我の駒が隣り合わないように2×2づつ計4個駒を置いておく。

先攻、後攻を決議定後、1つづつ駒を置いていく。

縦、横、斜めの配置が可能才で、相手の駒を対角線上に挟めば自分の駒の色に変化することができる。

最終的に、公儀を向いた色の駒の数が多いほうが勝ち。

その単純なルール内容から小学校低教室から大人まで幅広く楽しむことができるゲームです。

しかし、オセロをリバーシ以外で使経費したことのある人は少ないのではないでしょうか。

オセロの購入をご検討の方や、自宅にオセロが眠っている方のために今回はリバーシ以外でも使用可能才なオセロの遊び方をご紹介します。

まず初めにオセロといっても型があり、将棋のように駒が固定されないタイプと、磁石が内蔵されておりしっかりと固定できるタイプの2型があります。

このくっつく、くっつかないだけでも遊び道筋が変化してきますのでそちらもあわせて紹介していきます。

まず、くっつかないタイプの値打ちとしては、バランスゲームなどに特化していることです。

磁石でくっついてしまえば必然的に固回合わせされてしまいますよね。

バランスゲームは主にまだオセロのルールが法則解できない、3歳くらいまでのお子さんにおすすめです。

こちらのタイプは、固回合わせされることでリバーシをはじめその他のゲームにとって便利な商品になっています。

対戦中相手の駒を動かしてしまう、小さなお子さんがいるご家庭では、お兄ちゃんと対戦中に弟君が盤をひっくり返してしまったなどのアクシデントが起こった星霜に活用されます。

それではオセロをリバーシ以外で演じる方法を詳しく解説していきたいと思います。

オセロを重ねてどれだけつめるか、またマスを使ってかぞえ楽しみもできます。

これは白の駒を警察、黒の駒を泥棒に見たててたゲームです。

警察の駒が泥棒の駒の周り8マスを囲めば勝ちと話すわかりやすいゲームになっています。

幼稚園の年長位から小学校低教室のお子さん向けです。

泥棒は1つの駒、警察は複数形の駒を使用します。

警察の駒は難易度によって数を加重やしていきます。

1.先攻は泥棒で盤の公儀に1つ駒を置きます。

2.第2に警察の駒を泥棒を囲むように1つ置いていきます。

3.泥棒は最初に置いた駒を移動させ、警察から脱走ます。

4.警察陣営は最初に置いた駒を動かさずにさらに1つ駒を置いていきます。

5.これを反覆ていき、最終的に警察が黒い駒を囲めば白い駒の勝ち、白い駒の手数がつきたら泥棒の勝ちです。

白い駒は1ターンに1つ自由に何処も彼処も置けることに対し、黒い駒は1ターンに隣り合ったマスにしか移動できません。

これは主に市松模様の盤を使って遊ぶことが多いですが、普通のオセロ版でも遊ぶことが可能才です。

12×12の駒を使う2人対戦のゲームで、少しチェスに類似的気がします。

海外ではかなり人気のあるゲームのようで、国によって様々なルールがありますが今回は書信単なルールをご紹介します。

1.初期の配置は自分から見て初め手前の列に左端から横に1マスずつあけて駒を置く。さらに2列を手表側の列と隣り合わないように駒を配置する。合計で3コラム、12の駒を配置。相手も同じく配置する

2.駒の動ける範囲は、斜めの表側進のみ。

3.交互にマスを表側進させていき、相手の駒を飛び越せば駒を取ることができる。

4.自分から見て初め奥の列までいった駒はキングとなり、後方移動が可能となる。

5.最終的に相手の駒を遣り方て取れば勝ち。引き分けの場面合もある

なお、飛び越した駒は絶対に取らないといけない。

また、2コマ飛び越した場面合は2つとも駒を取れます。

こちらもあまり難しい要素はなく、オセロができるようになれば書信単にルールを理解することができるでしょう。

グリーンと黒の市松模様の盤を使ったときに、1つめの駒をグリーンに置いた場合自分も相手もグリーン色の所にしか駒は置けないし、動かせません。

と言語うことは、必然的に黒色の所に駒は絶対に置けません。

縦3×横8列の緑色の部分に駒を置くと話すことです。

カナダ式やロシア式などもあるので、普通のチェッカーに飽きたら試してみるのも適正かもしれません。

昔にコンテストべて様々なオセロが登場していることはご存知ですか。

今までのオセロの概念を覆すようなトランザクション品が様々出てきているのでご紹介します。

パーティーゲームとしても使えるようにした事で、家族みんなで遊ぶことが可能才となっています。

また、今までは1人の駒を気にしていればよかったところを同星霜に複数プレイすることによって先読みが複雑になっています。

さらに、イベントカードなるものの登場により攻略だけでは勝てなくなってきますので、小さなお子様も逆転可能才となりより楽しめます。

鑑定家常の2人対戦用オセロとしても活用できますので、1つで2倍楽しめる商品です。

こちらのオセロは2人対戦経費オセロです。

「普鑑定家のオセロじゃない。」

いえ、普鑑定家のオセロではないのです。

なんとこのオセロ、盤がパネルになっており動かすことが可能才になっているんです。

基本ルールは普通のオセロと同じですが、自分の石を置いた際にパネルを動かし、動かした位置で相手の石を挟めばひっくり返すことが可能才となっています。

より複雑さを増したこのゲームですが、他にも4種類の遊び方で楽しむことが可能才となっています。

今回はオセロ盤で遊ぶ、リバーシ以外の遊び方や鑑定家常のリバーシとは一味違うゲームをご紹介してきました。

オセロを積み重ねていって、先に倒したほうの取こぼしけ。

オセロを盤の上に山もりに置いて、将棋崩しのように演じる。

など集中力がカギとなるゲームや、今回ご紹介した先読みの力が必要になってくる遊び道筋などたくさんあります。

幼星霜から大人まで楽しめるオセロ。

ご住居庭に1つはあってもよいのではないでしょうか。

皆さんも様々な遊び道筋を考案して、楽しんでみてください。

ボードゲームの第一人者様。

なぜならルールがとても書信単だからです。

将棋やチェスなどのように一つ一つの駒に役割や動かし道筋などの複雑なルールもなくシンプルですよね。

まさに囲碁や将棋が難しくてできないという人のためにオセロは普及したと言語われてるようです。

ウエスト洋を感じさせるような雰囲気のパッケージで売られてることが多いですが、実は日本人が考案したゲームなのです。

白と黒の石から連想されるように囲碁を使った”挟み碁”と言語うのが起源になってるそうです。

日本元祖のオセロですが、これを聞いてあれ?と思った人もいるかもしれません。

リバーシの改良版だと言語われてたこともあったそうです。 実際にルールは同じで、石のラバーが白と黒ではなく、リバーシは赤と黒の石を使うなどするのです。

実際のところ、オセロと言う名前が登録商標登録されたため、オセロと言う名前を使うことができずにリバーシという名前を使われたとのこと。

オセロと違い、リバーシは統一団体がないために、オセロという名前が使えない星霜にリバーシの名が使われたそうです。

と話す感じですね。

みんな知っててシンプルなルールですが、文章にまとめると言意外と長くなるものですね。

オセロで勝つコツは角のマスを取ると適正なんてよく言いますよね。 なぜかというと初め間に挟める数が多いのと、そのマスより外側がないので、挟まれてひっくり返されてしまうことがないからですね。

オセロでは始める前から実力差があるなと判断できた時に、ハンデキャップを設定することができます。

という感じで、取ると有利だと言語われる角のマスをあらかじめ取ることができた状態でスタートできるということです。 これはかなりのアドバンテージを得た状風貌でスタートできますよね。

ハンデキャップの度合いが上がれば、スタート時に取られるに角のマスを取ることができるという感じになります。

1977年から世界大会があるような競技なので、それ以外にもたくさん勝ち道筋やセオリーがあると思いますが、ここでは割愛します。

オセロといえば、先にもお伝えした鑑定家り、リバーシと同じ、石を挟んでひっくり返すというのが基本的なルールになりますが、オセロを使ったリバーシ以外の楽しみ方というのもあります。

盤と石を活用して、小さいなお子さんが楽しめるような遊び道筋やリバーシとはまた違う頭の使い道筋をするような遊び道筋があります。

大きくこの二つの条令がありますよね。この二つを無くしたやり道筋です。

と話す感じでオセロの2大シバリを排除した楽しみ方です。

シバリ自体は無くなりますが、こちらの方が石をひっ反覆という部分においては複雑になるので、ゲーム中にかなり思考する必要があるかもしれませんね。 もちろん慣れたルールとは違うという部分でもオセロをするのとは違う楽しみ方と言語えますね。

これは鬼ごっこ的な楽しみでもありますが、それに似てますね。

これは今まで説明させてもらったようなものとは違う感じの遊び道筋になります。

と話す感じで、今までのオセロとは違う感じの楽しみ方ですね。

オセロの石はマッグネットが入ってるタイプとそうでないタイプのものがあります。

今回がマッグネットが入ってないタイプで遊べる遊び方になります。

将棋の山くずし類似の遊び方ですね。

これをするためにわざわざオセロを買う必要はありませんが、この遊び方の類似のジェンガをするためにわざわざ購入をしなくてもオセロの揃いがあれば、楽しむことができます。

そして小さなお子さんもでき、リバーシなどのやり方に興味を持つきっかけにもなるような遊びと言語えます。

今回はリバーシ以外で3つほどの遊び方をご紹介させていただきましたが、盤面と白黒の石が揃ってるので、これ以外にも遊び方はありますし、ご自身で造営出すこともできます。

オセロでできる新式感覚の遊び。

しかし、せっかくオセロ盤があるのなら、ひとつ遊び方しか知らないのは誤常にもったいない。

そこでこの記事では、私が考案した「警察と泥棒」と話すオセロ盤を使ったゲームを紹介する。

オセロの黒と白の駒を警察と泥棒に見たてて演じる。警察陣営のプレイヤーは白の石を、泥棒陣営のプレイヤーは黒の石を利用。警察は泥棒の辺近処の全8マスを囲めば勝ち。

逆に泥棒は警察から逃げ破片ば勝ちとなる。

さらにゲームを面白くさせるために、警察と泥棒は風変わりスキルが与えられている。

警察側のプレイヤーは、本来壱ターンに壱個の石しか置けないが、このスキルを使えば壱ターンに2個の石を置くことが出来る。

この技量を使用した直後の3ターンは泥棒側は技量を利用することがで出来なくなってしまう。

警察陣営のプレイヤーは泥棒陣営の黒石を自由に3マス動かすことが出来る。白石を飛び通りぬけることは出来ません。

この技量を使用したターン、泥棒側は黒石を2マス動かすことが出来る。

泥棒側のプレイヤーは我の黒石をひっくり返して白石にする。そして、次のターンに好みな白石をひっくり返して黒石にし、その後はその石をを泥棒側の石としてプレイする。

泥棒陣営のプレイヤーは警察陣営の白石を3つ排除することが出来る。プレイヤーはこれらの風変わりスキルを各1回づつ利用することが出来る。

このゲームはまだまだ出来たばかりの発展途公儀の遊びである。しかし、このゲームのシンプルさと奥深さは遊んだことがある者には法則解できる魅力的なものとなっている。ゲームの難易度をキイ整するために、新たに自分たちでスキルを考えるもよし。石の数を変換もよし。プレイヤーが遊びながらルールを作り上げていくことができる無限の可能才性を秘めたゲームなのだ。普通のオセロに飽きたというあなたに是誤プレイして欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です