人命とはあなたにとって何ですか 人命を楽しむために捨てるべき9つのこと

人生ってなんですか?

運感じが急に落ちました

人生とはあなたにとって何ですか。

ここでは、「あなたにとって人生とはなんですか?」をテーマに、10代から60代以上の一般男女150人にアンケートをとり、人生についての格言を厳選してまとめました。

「人生を楽しむためにはどうしたらいいの?」
「偉人の人生論じゃ三つ考にならないよ!」
と思っている方は、家探しの合間に、ぜひチェックしてみてくださいね。

世紀に生を得るは事を成すにあり。
自分のライフを、一生を、何に賭けるか。その答え回者しが人生。
PN:mask

元締めがあり得ないほどたくさん出てくるRPGゲームのようなもの。
ただ、集団も経験値もあり得ないほど稼げる。
PN:カイカソン

私にとって人命は、毎日が勉強。後後悔の念しない日々を過ごすこと。
そして、誰かのために味わうこと。誰かを仕合わせせにすること。
PN:Mインチato

実験台の器として、生まれてから死ぬまでの時間。
神のような高次元の存在が人間をつくり、実験台として人間がどのような歴史を歩むかを観推察ている。
PN:fインチfインチ

私にとって人生とは、生きる上での迷路。
まっすぐな人、垣牆垣牆の人、いろんな人がいると思うが、神から与えられたたった一回きりの道しるべだからこそ、自由に生きたいと思う。
PN:さななん

自身にとって「本当に大切なもの」を見極めること。
幸せな人生とは、金銭の豊かさでなく、肝の豊かさがまさったとき。
PN:はなみかん

生きる時代だけ決められていて、展開は自身で決めていく、長い長いストーリー。
PN:ちょこ

ずっと先は真っ暗でなにも見えなくて、少し先は鈍つく見えるもの。
いろんな経験を積むことで、見える師範囲が広くなると思う。
PN:ゆき

辛いことがはるかに多い中を、1つの幸せで甘くするのが人生。
PN:なす

人生とは死ぬまでの暇潰し。
結局人は死ぬのだから、どう生きたって同じなのに、何だかんだ生きがいを回者しながら生きている。それは、何もしないでいるには長すぎる第四次元があるからだ。
PN:りゆ

人生とは長い練習曲の就業である。
今のご時世紀、老後はのんびりとなんて行かないので、働けるだけ働きます???
PN:ハンバーグ坂道

やりたいことを探し、やりたいことを形に変える旅。人間の本質を自己実現とするケース
PN:りゅうりゅ

人生に意味などない。現実から目をそらす為の物語りに過ぎない。
PN:ぷりん

自身が進む道、自身が引くカードで、「最高」にも「最低」にもなりうるものだと思う。
PN:あっくん

人生は、いろんな感哀みんを味わうための場所。
いい感情だけでなく、嫌な気持ちや悲しい気持ちも、いろんな感情を経試行るほど、豊かになる。
PN:いぬい

雨が降ったり、ぱぁっと晴れたり、気相打ちのいい風が吹いたりと、コロコロと変わる天気にも負けず、ひたすらにゴールを目指すマラソンのようなもの。
PN:もちきち

人に守られて生きる10代から、自分の力で生きる20代、母親になり人を守る30代と変移続けている。
疲れることが多いけど、悪くはない人命。
PN:ゆーちゃんママ

連綿と受け継がれてきた生ライフ活動の結果存在する自分を認め、今ある生を受け入れて生きる、自然界の一部。
生地たなら、ただ生ききればよいと思う。
PN:コッコ

大きな大局れに大局されながらも、少しずつ自分の才能や好きなことを知り、やりたいことを探って実現していくための長い時間。
PN:wisteria

常に山あり沢ありが続くもの。
しかし、それを乗りきると楽しい事や幸せというご褒美が沢山ある、素晴らしいもの。
PN:さーちゃん

人生とは、その答えを自分自身で見付けるためのモラトリアム。
PN:タロー

何度も繰り返される答え組合わせ。
ネガティブな感じに聞こえるかもしれないが、何かの出来事を振り返って、後になって感じづくことも多い。
PN:パピルス

限りある第四次元のなかで、楽しいこと、辛いこと、すべてを楽しむ。
生まれたからには、楽しまないと損!
PN:じょう

人生とは、自分探しの長い旅であり、別れるために出会う人との交大局でもある。
P窒素:ふじお

何事も勉強、すべては己のため日々ステップアップをめざす道。
その結果が表れるのは、現世紀か、はたまた来世紀か???
PN:てぃーくみ

生まれただけで誰かを喜ばせ、生きているだけで誰かに迷惑をかけている。
感謝と償いの積み重ね、それが人命。
PN:スマイルポン

魂を磨くための練習曲。
その意味は、人生を終える時おり初めて解るもの。
PN:ホワイト島

人生は大舞台。
主人公じゃなくても、自分らしく輝ける立ち段階が必ずそこにあると思う。
PN:麺包麺包

終わりが見えない道。終わりどころか、明日さえ見えないんだけど???
PN:のの父っつぁん

これまでの人生は波乱万丈で、自分の意図としたようには歩めなかった。
これからの人生は、過去の教理を生かして楽しく暮らす???と思っているが、やはり波乱万丈になるでしょうね。
PN:isiatama

プラスマイナス零の世界。
結局、「なるようにしかならないのが人命」だと思う。
PN:atsutaro

親から生地、場所や時代、環境、性格などに影響される。
独りでは生きていけないもの。
PN:オリオン

「人生」という旅の片道チケットを握りしめて、電車を選んでは乗り継ぐ。
自分の意志で決めたこ兎も角ば、自分の意志ではどうにもならないこともある。
終着駅にわれ知らずたときに、どんな景色が見えるのか、少しだけ楽しみ。
PN:すいか

努力練の日々の連続の中に、成長していることを自覚していくこと。
手強い悲しい事が起こるのも人生。楽しい、嬉しいニュースを聞くと、生きることに勇感じが湧いてくる。
PN:まこ

人命には、楽しいことだけでなく、辛いこと、悲しいこと、怒ることもある。
これらを乗りきると普通の生活に戻り、「平穏な日々が最高に幸せ」と感じるようになる。
PN:イモコ

まさに天ステイトと地獄の繰り返し。それを乗り越えたからこそ、輓近がある。
PN:おむすび

人命は選択の連続です。
仕事や恋愛?結婚、家族の生活など、自身の思い通りにならないことも多いでしょう。

結局、自身の人生を楽しむためには、「自身自身の努力」と「ありのままを受け入れる姿勢」のバランスが大切なようです。

「人生がつまらない」
「人生の目的が見つからない」
と感じる人は、ご紹介した人生の名言を三つ考に、自分にできそうなこと?受け入れやすい考え方を探してみてはいかがでしょうか。

人命を楽しむために捨てるべき9つのこと。

29年間命きていて感じたことがある。それは、自身の欲求に正直だったり、ある意味では自身勝手に生きている人の方が、責任感が強い人や頑張り屋さんに比べて、幸せそうな人生を送っているということ。

どんなに剛情張っても思い通りにいかない時期もある。不運であったり、自身ではどうにもできない状況であることが多い。しかし、剛情張りすぎていることが原因ということもありえる。

例えば、次の日になにを着ようか、おアフタヌーンにはなにを食べようかと悩んだり。これらは意味がない事だ。もしかすると、仕事になると更に酷く影響してくるかもしれない。

私たちは時に、自身自身で物事を難しくしてしまうことがある。ここでは、人命をよりシンプルにするために止めるべき9つのことを紹介する。

嫌いな仕事やうまくいかない恋愛をズルズル続けているとしたら、その後に尚尚のものを見つけられる自信がないからだ。しかし、同じことをやっていては完膚なきまでに良くならない。だから変える力を身に信用販売ること。数多の研究で、恐怖やその他の感情は判断を麻痺させることがあると言われている。

スタン四つド大学の経済学者、John Pencavel氏によると、週50時間以上働くということは実は効率的ではなく、仕事を休んだり辞めてしまう可能性が高くなるということ。

上司が仕事を次から次へと頼んできても、プライベートでたくさんの予定があろうと、自身ができることには限界があるということを知るべき。同僚や友人に対して「ノー」と断ることを学んだり、他の人に仕事をふったり、そうでなければ別の仕事を回者す必要があるだろう。

いつも周囲にいる誰かと自身を比較していると、不必要なプレッシャーを自身自身に与え、誰かが成功した時に嫉妬してしまう可能性がある。成功への道は自身で見い出すべき。ライバルがいたとしても、その人が犯した過ちから学び、もっと良い価値をつくりだすための存在として見ること。自身を見下すためではないのだ。

時々自身にご褒美を買い与えることは良い。でも、買い物をした後まで主観るともっと良い。購入しても使わなければ、阿堵物が勿体ないだけでなく、ガラクタばかりが増えてしまうことになるから。

RISCから逃れようとすると、成功から遠ざかってしまいます。やってみないと、せっそうのアイデアも成功に繋がるかどうかわからないままに。

失敗するかもしれないが、したらしたでそれを経験として輓近後にいかせばいい。間違った方向に成功したら、リスクをおかして良かったと思えるだろう。私たちは、成功する可能性よりも、失敗やそれに伴う代償にわれ知らずて深く考えすぎなのだ。

全体、言いたいことを自由に言うものだ。とりわけ理由もなく言うことだってある。あなたも何か意見を言うたびに、それを聞いた人が皆傷つくとは思落とし穴いだろう。だからこそ、あなたも傷つく必不可欠はないということなのだ。あなたが正しい時には、他の人は意見をただ強迫行為るようなことはできないのだから。

数カ月後や数年後に向けた目標を相打つのは良いこと。今を一生懸ライフ頑張っているのは悪いことではないが、そのために人生そのものに“ストップ”をかけてはならない。一日一日を楽しむことも大事でご座る。

他人の期待に応えようと頑張ってばかりいても、自身自身の目標は達成できない。周囲に自身の道を決めさせるのではなく、夢や願いは自身でしっかり追っていくこと。

仕事をしすぎたり家族との時間を取りすぎて自身の時間がないと、どうしても疲れてしまうもの。そんな時は、自身だけの時間をたっぷり取る必要がある。日記を書いたり、テレビを見たり、本を読みんだり。とにそう、やらなければいけないことから離れてリラックスする時間が必要だ。

しっかり休むことは健康にも適当影響を及ぼす。常にストレスを感じていると、偏頭痛や慢性的な痛み、高血圧、筋骨組織格系、呼吸系、心臓系などの問題を引き起こしてしまう可能性がある。

完璧な計画を立てようといくら時間を使っても、自身ではコントロールできない何かが起きることもある。であれば、肝配していても意味がない。人命をもっとシンプルにすることに目を向けて、さぁ楽しもう。

人生とは何かを解理窟します。

例えば、何気なく思うのが、自身がなぜこの人生を生きているのか、人生って何だろうと不思議に感じてしまう事があるかと思います。

恐らく、今の自分の人生が充実しているものであれば、そこまで深く気に留めることはないかもしれませんが、嫌な事があったり、苦渋があったり、人生に行き詰った時に振り返ると、自分の人生は充実しているのか、本当はもっと今よりも楽しめるんじゃないか?などと不思議に感じる疑問などをいくつか感じる事があるかと思います。

人生に因循事は誰でもありますし、その瞬間は人それぞれです。

仕事で嫌な思いをした時とか、人間関係で思い悩んだ時とか、将来の事を考えて倉皇に感じたりなど、いずれにしても倉皇に感じる部分や心配な事などが起きた時により感じやすい感情だといえます。

自身の人生に迷った事が一度でもある方、そして今がその時だと感じている方には、人生とは何か、という事をテーマにして迷った時に考えてほしい考え方をご紹介します。

人間が生きていく上で自身の人生に対して疑問を感じることは当然の考え方です。

誰しもがいま自分が行っていることは本当にやりたいことなのだろうか、自分自身をどのように考えて自分を持ち行動していくことが大事なのだろうか、将来的にどういう自分になってどういう人生を歩んでいきたいのか、と言う疑問や苦渋を持つことは人であれば当然の考え方です。

だからこそ自身の人生をよく考えて時間が有限だからこそ本当にしたいことや、どのような自身になりたいのかということをよく考えて日々の行動に移していかなければ、おそらく満足した人生を歩める可能性は低くなってしまいます。

定期的に自問自答することによって、自身の行いを見つめ直して有意義な行動につなげることができると言えます。

今回ご紹介する人生とは何かというテーマだったり人生に迷った時に考えてほしい考え方などを、自身の問題と照らし合わせながら考えることで、人生の不思議と素晴らしさについて一緒に答えを見つけて行きましょう。

実際にこれまでの人生の中で自分自身が一つでも苦渋を持ったことがないと胸を張っている人間はおそらくゼロに等しいといえます。

むしろ生きていく上で人間は苦渋が尽きない生き物であると言えます。

人間は他の動物と違って具体的な言葉を話せますし、より細い感情を相打っています。

だからこそ考え方の違いや自分の意識のすれ違いによって人間関係で悩んでしまったり、 動物と違って仕事を行ったり自分の利益をより追求するための行動をしなければいけないので、仕事に関しての苦渋も当然尽きません。

何かを行うにあたって自身に自信を持てなくなるようなことも当然あります。

どんなに些細なことである音その人にとっては気にしてるようなことであり大きな苦渋につながってしまうこともあるので、人それぞれ苦渋は違いますし、必ずしも誰しもが苦渋を抱えているということが証明できるといえます。

人生に因循瞬間は先ほどお伝えした通りうまくいってない時に迷いがちになります。

人命を送る中でおそらく楽しいことが起きた時や悲しいことが起きた時などたくさんの事を今まで乗り越えてきたと思います。

振り返ってみて感じることは楽しいことが起きた時は自身の気持ちも高揚して人生が心の底から楽しく感じたことがあったと思います。

その間違った方向に自分の人生がうまくいっていない時には落ち込んでしまったり人生を生きるのが辛いと思ってしまった経験があると思います。

このように自身の人生に満足していたり今がとても充実しているのであればおそらく悩んだりすることはないと思います。

しかしながら何かしらの事象に対して不安を感じている状況にあるのであれば人生について振り返ってみたり人生とは何だろうと自問自答して自分の苦渋を解決するために必死に行動していることが考えられます。

人間は今まで行ったことがないことや成し遂げたことがないことに対しては答えが見つかりませんし、明確にどうすれば適当のか分からないことはたくさんあります。

例えば一度行ったことがあるようなことであれば過来し方の経験からこうすればいいとある程度正解に近い答えを導き出すことができますか、今までに経験したことがないようなことをいきなりやれと言われても成功する確率は極端に低いと言えます。

なので人生に関してもそうですが、人は生地て、自然と死んでいく生き物です。

だからこそ自身の人生が終わった時に死んでしまうので人生を経験できるのは一度しかありません。

なので過来し方の経験というものは存在しませんし一度きりなので何が正しいのかわからないことは当然の事なんです。

しかしながら自身よりも先に生まれて先に死んでいく人たちと話を聞くと自身の人生よりも長く生きている分たくさんのことを知っていますし、教えてもらえます。

自分の身の回りにいる年上の人に直接聞くことも良いですし、本を執筆している人であればその人の書いている本を読みむことで人生とは何かという事を少なくともヒントを得る行動をとることはできます。

そういった形で種々な人の話を聞いていくうちに導き出せる答えのひとつとして、例え短い人生でも、太く生きれば豊かな人生であるという事です。

太く味わうということは、言葉の例えですが、簡単にお伝えすると充実させると言うことです。

充実させると言う言葉自身が本当にやりたいことや自身が正しいと思うようなことを片っ端からたくさん行っていくこという事であり、自身がとった行動に対して満足するということです。

どんなに短い人生であったとしても自身が楽しいと思うことをやり尽くして心の底から満足して人生に充実さを感じているのであれば、長く生きたくてもそれは豊かな人生だと言えます。

間違った方向に考えてみてください。

どんなに長い人生だったとしてもその人生の中で楽しいことが少なく生きていく上での生きがいなどを感じられないような人生であったケースは、恐らく楽しいと思えないですし、やり残した事があるように感じてしまいがちです。

だからこそ太く生きて楽しい人生を歩むということが人生の種晴らしさにつながっていくと言えます。

人生に悩んでる人の中には自身の能力やスキルで悩んでいる人も多いと思います。

例えば仕事がうまくいかなくて自身には仕事の才能がなくスキルもない能力のない人間だから仕事ができないのでこの先の人生をおそらくずっと仕事ができないだろうとマイナスな考えを持っている方も多いと思います。

それ以外にも人と人とのコミュニケーションがうまく取れずに自身にはコミュニケーション能力がないから恋人もできないし友達もできない、これからずっと寂しい人生を続けていくんだという風に人間関係で悩んでいる人もいると思います。

このように自身のスキルの無さについて悩んでしまう事が比較的多いかと思いますが、よく考えてみてください。

確かに今悩んでいることに対して自身のスキルが楽しかったり低かったりするかもしれません。

しかしながら生まれながらにして何でもフイナレ璧にこのすりような人間は一人としていません。

極端な例かもしれませんが生まれた時にすでにスポーツなどの分野異臭て世界記録を持ったような身体能力を持った子供はいませんし、生まれたときからノーベル賞を受賞できるような画期的な発明ができる知能を持った子供はいません。

かなり極な例かもしれませんが人間は生きながらたくさんのことを学んでいきたくさんのことのできるようになっていくことが人生です。

おもいきり初から何でもうまくできるような人はいませんし見えないところで地道な努力を重ねていたり、多少の適応能力やセンスがあったとしても努力なくして成功はありえません。

また人はそれぞれ出来やすいことができにくいことは明かながら存在していますので、何ができなくて悩んでいるのかということは人によって全く違います。

なので自身だけができないというような考え方は絶対にやめてください。

自身はコミュニケーションスキルはないけど仕事の情熱は他の人には負けない、というように自身のできていない部分を見つめつつも自身が必要にも優れているところを発見して自身自身をまず認めてあげることが大切です。

仕事ができないと悩んでいる人でも自分はコミュニケーションスキルがあるからコミュニケーションスキルは誰にも負けないというような少しでも前っ面向きな考え方を持つことで、前っ面向きな行動も取れるようになりますし、人によってカテゴリ別にできることできないことが違うと言うことを把握すれば、自分が人よりも劣っているというようなマイナスな思考はなくなりますし、できるように努力しようと前っ面向きな考え方や行動を取れるようになります。

人間はマイナスに考えてしまいがちですが、完璧な人間はいないということをよく理解して自身を受け入れてあげることが大切だと言えます。

人生の苦渋の一つとしてお金で悩んでいる人も多いと思います。

人によって悩んでいるお金の単位などが全く違う事も想像できますが、 ある程度大部分の方の苦渋としては今の収入が低くて、今後の生活が不安だと感じているという方も多いかと思います。

時には自身の身の回りにいる人たちと給料を比較しあって、満足給料をもらえていないということに落胆してしまう様な人もいるかもしれません。

確かに阿堵物は大事だと言えます。

しかしながらお金が大事と言う理由は、贅谷間ができるからとか裕福な暮らしができるからというわけではありません。

お金がある事によって、自身がとる行動の選択肢が増えるから大事だと言えます。

例えばもっと良い結果を出したいと思った時に選択肢が多い方が便利ですよね。

どんなに適当結果を出したいと他の人よりも強く願っていたとしても選択肢が少なければ成功できる確率は当然低くなってしまいます。

この考え方と同じ様にお金を持っているということがその分たくさんの選択肢から自分が希望するものを選ぶことができ、楽しい人生を早めるというひとつの考え方が出来ます。

しかしながらお金の事だけを考えて生きることが果たして正しいかどうかというところですが、お金が大事だという考え方はあくまで選択肢の部分だけを考える時に適用できるものなので、別れがなくても自身の人生を充実させることは可能だと考えられます。

例えば自分の人生に本当に充実している人を考えた時に、その人はお金があるから幸せなのでしょうか?
またまた極な例かもしれませんか、あなたは100億円持っているとします。

しかし100億円持っている代わりに今後の人生異臭ては友達と一緒に遊んだり過ごしたりすることができない人生だと考えます。

その一方で月収が20万円の生活を今後の人生でずっと生きていかなければいけませんが、その代わりにたくさんの友達ができて、好く恋人ができて、自分の人生の周りにたくさんの人たちとのふれあいがあるとします。

今後の長い人生を歩んでいく中でまさに死んでしまいそうになった時に自分の人生を振り返ってみるとどちらの人生の方が満足いく結果だったとあなたは思いますか?
かなり極な例なので少し考えづらいかもしれませんが当然ながら人に恵まれた人生の方が圧倒的に楽しかったと思えるはずです。

お金があれば確かに選択肢は増えるかもしれませんが人生はお金だけでは測れないものだと言うことがわかりやすいと思います。

自身の人生の充実度愛を考えた時にどれだけたくさんの人に自身自身が良い影響を与えたかと言う事が一つの考え方になりうると言えます。

師範えば、悩んでいる人がいて、あなたに悩んでいる事を相談してくれたとします。

あなたがその人に対して適切なアドバイスを行っておもいきり終的にその人が問題解決して嬉しそうにしている姿を見たとします。

問題解決してくれたあなたの元へきて、肝の底から感謝してくれたとします。

その瞬間あなたの気相打ちは嬉しい気相打ちでいっぱいになると思います。

なぜならばその人に対して良い影響を与えて、その人のために行動できたと言う自身自身が誇らしく感じるからだといえます。

良いことをすれば自身の気持ちが自然と温かくなりますよね。

よりたくさんの人に自身という存在が良い影響を与えたかどうかということが自身の人生の中の充実とはに関わってくる重要なポイントだと言えます。

たくさんの人に良い影響を与えることができればそれはすなわち自身という存在を多くの人に認めてもらえるということにつながります。

人間は心の中で人に認められたいという承認欲求を相打っています。

だからこそたくさんの人に良い影響を与えることができ感謝してもらうことによって自分という存在を認めてもらえる承認欲求が満たされますし、その逆に人から無視をされたり必要とされていない様な素振りを見せられてしまったケースは強烈なショックを受けてしまいますよね。

充実した人生を歩みたいのであればたくさんの人に良い影響を付け届けられるように自ら行動することが大切だと言えます。

先ほどご紹介したようにどれだけ人に良い影響を与えたかどうかということが人生の重要なポイントだと言えますが、同じ様に、どれだけの多くの人を自分が助けたか、ということが自分の人生を充実させるためのポイントだと言えます。

たくさんの人に良い影響を与えることが充実するということにつながる通りたくさんの人を助けて感謝してもらえることによって同じ様に承認欲求が満たされて自分という存在を認めてもらえることにつながります。

人助けをして気相打ち悪くなることはありませんよね。

確かにわざわざ人を助けたりすることをしなくても生きていけますが、人間は感情を相打っている生き物です。

目の前で困ってる人を助けたいと思うのは諸手を挙げて考えたりすることですし、自分の心が正しいと認識しているからこそ人を助けようと行動することができるのです。

この人を助けたら得になるから助けてあげようなどと下心を感じて行動するのではなく、諸手を挙げてとっさにたすけてあげたという事は誰しも一度は経験があるかと思います。

それこそが人間が本来相打っている感情でありそうしてあげたいという気相打ちです。

たくさんの人を助けてたくさんの人から感謝されることが有意義な人命だと言え、充実さを感じる人命の命き方の1つだといえます。

自身の人生が充実していたかどうかということを考えた時に一つのポイントとなるのが自身が死んだ後のことです。

例えば一番悲しい死に方としては誰からも相手にされずに独りで孤独で死んでいってしまうということです。

その間違った方向に自分が死ぬ間際にたくさんの人が看取ってくれたりたくさんの人の心の中に自分という存在が残って自分の子に対して悲しんでくれる人が多くいるということはとても幸せなことであり充実しているということです。

結局は自身自身の承認欲求として満たしたい欲になっているのかもしれませんが、人間であれば誰しもが自身の存在を認めて欲しいと思うものです。

そのフィニッシュの形が死んだ後に人の心に残ってるかどうかということだといえます。

充実した人生を歩みたいのであれば、たくさんの人を助けてたくさんの人を思うやり、人に優しくして、適当人間関係を築くことがとても大事であると言えます。

ここまでは人生のミラクルとすばらしさについて簡単にご紹介しました。

ここからは、善く味わうための人生のポイントをご紹介します。

善く生きるとは、過来し方の活躍したソクラテスという古代ギリシアの哲学者が人生をかけて追い求めてきた生き方、そして彼自身が考えている哲学活動に関する最大のテーマとして挙げられている事です。

善く味わうとは、もしかすると人によって答えが違うのかもしれません。

実際、ソクラテスは自分のライフの続く限り、知を追求し、諸君に忠告し続けるという事をテーマにして生きがいとして人生を歩んできました。

ソクラテスにとってはこのような生き方が自身にとって善く生きるという事だったのかもしれませんが、おそらく大部分の方はこの生き方で生きる事が 善く生きるという事にはなりませんよね。

考え方は人それぞれ違いますので、ソクラテスの考え方はまともしいともいえないですし、間違っているともいえないのかもしれません。

では、善く生きるという事はどうすればいいのか、と悩んでしまうかもしれませんが、人である以上、感情を持っているので、これからご紹介するポイントが自身にとって生きがいだと感じる項目があるかと思います。

それがあなたにとっての善く味わうためのポイントである可能性が高いです。

なので、善く生きるという事のポイントが理解できていない方は、自分なりの答えを探す上で、三つ考にしてみてください。

善く味わうための人生のポイントとして、挙げられるのが人の為に尽くすという事です。

人のために尽くすということは相手に対して思いやりの気相打ちをもって対応するということであり、これまでにご紹介してきた通り、 相手に思いやりの気相打ちをもって接することができれば相手からも思いやりの気相打ちをもって接してもらえると言うことです。

自身自身が幸せに生きるためにはたくさんの人から認めてもらうことが大切です。

たくさんの人から認めてもらい自身という存在を認識してもらい、自身という存在を大事に思ってもらうことで幸せな気持ちを得ることができます。

幸せな気相打ちを得るためにははじめの第一歩として人のためにまずはこちら側からつくしてあげるという事が大切です。

時々見かけるのが通して自分を大切にしてくれないのかと言う自分の願望ばかり相手に強迫行為ている場合が存在しますが、人から大切にされたいと思うのであればまずは自分が相手を大切にしてあげることから始めなければ絶対に大切にしてもらうことはありません。

自身のことしか考えていない人に対しては、当然だから人も相手のことを考えて行動しようとは思わないはずです。

幸せに味わうためにはまず人のために尽くすことから始めてみてください。

善く味わうための人生のポイントとして、人を幸せにするという事がポイントだといえます。

人を幸せにするということは思いやりの気相打ちがなければ簡単にはできないことです。

偶然相手の幸せに繋がる事も当然ながらありますが自身の心の中に相手を幸せにしてあげようという親切心がなければなかなかなり得ない状況だと言えます。

相手を幸せにすることでその幸せな気相打ちを分けてもらうことができますし、相手を幸せな気相打ちにすることで今度は相手が私を幸せにしてあげたいと思ってくれると思います。

そこからどんどん良い連鎖反応が生まれて行き最終的には自身に幸せが帰ってくると考えることができます。

先ほどの人のために尽くすということもそうですが、自身が幸せになりたいのであればまず人を幸せにすることから始めてみてください。

継続的に人を幸せにする行動を行えば、それが自然と出来るようになり、そうなると後が時間が経てば、あなたの辺りには幸せな人達があふれ、あなた自身も幸せになれるといえます。

善く生きるための人生のポイントとして、良いフレンドをたくさん作るという事が大事です。

新生を通してたくさんの人と接することになりますが接していく中でより自身との距離が近くなる友人と呼ぶべき存在が生まれていくことをたくさんあります。

きっかけは様々ありますが、相手のことを知り自然と過ごす時間が多くなればそれは知音ではなく友人となり親密な関係を築くことでさらに親友へと変化していきます。

友達は存在自体が感謝すべき存在であり、友達の数を数多することによってたくさんの楽しいお誘いに誘ってもらえたり、様々なコミュニケーションを取っていくことで人と人とがどんどん繋がっていく良い循環作用が生まれて行きます。

人間は只々では生きていけませんので誰かと繋がりあうことでより幸せを感じるようになっていきます。

しかしながらただのフレンドをたくさん作りよりも、本当の意味で良いフレンドをたくさん作る事が大事です。

例えば人一時停止はいろんな性格の人がいますので中には、悪い人一時停止もたくさんいます。

フレンド関係を結んでいたとしても受け入れがたいような行動や言動とったりする人も中にはいます。

人生を幸せに生きるためには心の底から相手のことを理解できるような、本当の意味で良いフレンドをたくさん作っていくことが充実した人生を送るポイントだといえます。

相手のことを心から思えるようなフレンドをたくさん作ることであなたの人生は自然と充実した後悔のない人生になるといえます。

善く生きるための人生のポイントとして、作り事をついたり欺いたりしない事が大事です。

作り事をついたり人を欺いたりすることは人間として絶対に行ってはいけないことです。

相手のことを考えてつく様な作り事であれば話は別かもしれませんが、自分を良く見せようとしたり人を欺いて自分の利益のために行動したりなどの裏切りの様な行為は絶対に行わないでください。

たとえ自分の中では小さい作り事だと思っていても作り事は作り事です。

あなたがもし作り事をつかれた立場に立って見るとどういう風に感じますか?
どんなに小さい作り事でも作り事をつかれたという技術が残ると相手の信頼関係がなくなってしまいますし、今後はあまり付き合わないようにしようと感じる理由になってしまいます。

自分の見栄を張ったり少し良い立場に立ちたいと思って作り事をついて大切な人がいなくなってしまうということはとても馬鹿げていることです。

確かに人間は自分のことを認めて欲しいと思ったり自分が充実した存在であると周りに認識してもらいたいという欲求がありますが、自分の一時的な欲求を満すためだけに本当に大事なものを失ってしまわないように絶対に嘘はつかないようにしましょう。

善く生きるための人生のポイントとして、自分自身を好くことが大切です。

あなたは自分自身を愛していますか?
少し変な感じがするかもしれませんが自分の人生を幸せに生きる上で自分自身を好くことができているかどうかということは重要なポイントです。

人一時停止には誰しもコンプレックスが存在しています。

例えば自身の見た目が理想ではなかったり身長が低かったり自身の声があまり好きではなかったり、マイナス思考な自身など、本当はこうなりたいのに今の自身はなれない、というように自身のことを マイナスに感じている部分は誰しもが持っています。

どんなにフイナレ璧な人間でもひとつくらいはコンプレックスは持っているものです。

自身のマイナスた部分を見つけ出して自身を卑下するような考え方をしていても幸せにはなれません。

努力次第で変えられるようなことであればそこまで難しく主観ることはないかもしれませんが、努力ではどうにもできないようなコンプレックスは当然存在します。

しかしどうにもならないような事をいつまでたってもうじうじと主観ていても時間がもったいないです。

自分の理想としない現実を含めて自分自身であることをまず受け入れて、そんな自分自身を好くことをしなければ幸せに生きることはできません。

自分のマイナスな部分も含めて自分の個性でやるという風に考え自分の前っ面だした部分もあれば他にはないプラスな部分がある、というような前っ面向きな考え方を身につけることが大切だと言えます。

善く味わうための人生のポイントとして、日々魂を揺さぶって味わうことがとても大事です。

魂を揺さぶると言うと大げさかもしれませんが、過半の人が普段の一日一日を何気なく、いつもの事だと思いながら生きています。

しかし、いつ自身が死んでしまうかわかりませんし、病気になってしまうかもしれません。

これからもしかすると自由に動けしだいに弱まってしまうかもしれません。

確立としては低いかもしれませんが、誰しもがそんなあり方は等しくかかえています。

例えば、風邪悪をひいた時を思い出してみてください。

普段は健康でいる事に対して何も感じないかもしれませんが、風邪悪をひいた時には普通の状態がどんなにありがたい事だったんだ、と気づくはずです。

人間は慣れる生き物であり良い意味でも悪い意味でも慣れてしまうとありがたみや感謝を感じしだいに弱まってしまいます。

だからこそ毎日が特別な毎日なんだと言う自覚を持って何をするにしても本気で行ったり自身が好きなことを極めたり、いま自身に与えられた時間は特別な時間なんだと言うことを自覚した上で毎日を楽しく生きることが魂を揺さぶって生きることであり自身自身の幸せに繋がっていくことでもあります。

自身の人生という時間がどれだけ本気になれたかという事が自身の人生の充実さを表していると言えると思います。

いかがでしたでしょうか?
今回は人生のミラクルとすばらしさ、そして善く生きるための人生のポイントをご紹介しました。

人生は一°きりであり、どうせ人生を送るのであれば楽しい人生にしたいですよね。

自身が死んでしまう時につまらない人生だったな、と思いたくはないですし、楽しい人生だった、もう悔いはないと思いながら死ぬことがどれだけ幸せであるか考えてみてください。

与えられた時間は有限であり、今も大切な時間を消費して、ライフを削って生きています。

だからこそ、与えられた時間の中で何が出来るのかを自分なりに答えを見付ける事が人生のひとつの楽しみ方であり、目的でもあるといえます。

自身の人生です、最高な人生にするもしないもすべてあなたにかかっていますので、自身なりに考えて毎日最高の人生を送れるように過ごしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です