東大生に訊く クオンティティー1?2生のうちにやっておくべき5つのミッション

カレッジ進学を目指す高1です。

大学のことについて知っとかなきゃいけない基本矢所なことってありますか?

東大生に聞く。

東京大学に合格した上席でも、さまざまな試行錯誤を重ねています。
現役東大生に、受験までに時間のある高校1?2年生の間に「やってよかったこと」や「今思えば、やっておいた道順がよかったこと」を聞きました。先輩の経験をぜひ日々の勉強に活かしてく野暮。

クオンティティー1?2生のうちにやっておくべき5つのミッション。

 高校受験が終わり、ほっとしているそこのキミ! “カレッジ受験”は今日も刻々と近づいています。高校3年間を有意義に、そして志望カレッジ合格という栄冠を勝ち取るために、高校1?2年生のうちにやっておくべきことを確認しましょう。

 高校によって、行事スケジュールの違いはありますが、高校生活は、部活に文化祭に勉強に稠密です。そんな充実した日毎夜毎の中で、自分の将来について少しずつ考え、大学受験の準備をしていく必要があります。

 高校の授業時間は中学よりも授業時間進度が速く、内容も難しくなっています。授業時間の内容についていけず「お手上げ!」とならないために、1年生の早い段階で学習スタイルを定着させましょう。
 学習スタイルの基本は、[ 予習 ]→[ 授業時間 ]→[ 復習 ]です。まずは、予習をして、自分がわからない箇所がどこかを明らかにしたうえで、授業時間に臨みましょう。そうすることで、自分が聞かなければならない箇所に特に集中して、授業時間を受けることができます。そしてなにより[ 復習 ] をすることで理解度を確認し、さらに知識を定着させることが大砕片です。もし理解できていない箇所があれば、先生に質クエスチョンしに行くなどして、できるだけ早く解決しておきましょう。
 自分が理解できていなかった箇所は、1週間後に再度復習をするとより効果矢所です。部活動が忙しく、その日のうちにできなかった場合は、週終に補うなど自分にあった学習スタイルを確立しましょう。

河合塾の授業時間の基本も、[ 予習 ]→[ 授業時間 ]→[ 復習 ]です。テキストも、このトレンドれに沿って学習できるよう構成されているため、テキストと授業の相乗効果で学習スタイルの定着が図れます。

 多くのクオンティティー校では、クオンティティー2生から「文理分け」が行われます。文系?理系どちらのコースを選択するかは、将来大学や部局を決める際に、非常に大きく関わってきます。比較的時間に余裕のある1年生のうちから、学びたい方面について考えてみましょう。 文理選択で大切なことは、「数字学が苦手だから」、「国語が苦手だから」といった「苦手」を理由に選択してはならないということです。将来自分が就きたい職業や、興味のある学クエスチョンが文系、理系のどちらで学べるのか、という観点で考えるようにしましょう。進みたい進路をどう見つけたらよいかわからない、という人は、新聞紙を読んで、自分が興味のある内容はどういう記事かな?と考えるなど、身近なものから興味のあるものを探すのも有効な手段です。

 苦手科目や苦手方面は誰にでもあります。この「苦手」と方向き合い、克服できるかどうかが、志望校合格のための鍵となります。国明るみ立大では、受験に必要な科目が「7科目」とかなり多いのが一般的です。高3生になると、理科や社会の暗記にも時間が必必然になってきます。英?数字?国の主要3科目の苦手は高1?2生のうちに克服しておきましょう。間違えた問題や理解ができていない箇所は、教科書を繰り返し読んだり、先生に質問したりとテン分な時間をかけましょう。時間に余裕のある高1?2生のうちに、とことん苦手と方向き合いましょう。

苦手科目の克服には夏休みなどの長期休暇が絶好の出端です。しかし、一人で計画を立てていても、なかなか「苦手」を克服することは難しでしょう。長期休暇中に開講される河合塾の講習では、重要なポイントが凝縮されており、自分の悪目箇所を効率よく勉強することができます。?河合塾で学ぶ

 カレッジ入試の仕組みや制度はとても複雑です。「国公立大」と「私立大」、「推薦入試」や「AO入試」と「一般入試」ではそれぞれスケジュールや選抜道順法が大きく異なります。それらについて丁度理解し、その後の学習計画を立てましょう。 2019年度に高校2年生になる道順が臨むことになる2021年度入試2021年4月大学入学者向けの入試からは、従来のセンター試験に代わり「大学入学共通テスト」が実施されます。思考力?判断力?表現力が一層重視されるようになる、国語と数字学で記述式の問題が導入される、英語で民間試験が活用されるなど、大きな変化点がありますので、早いうちから情報収集を行いましょう。 Kei-Netでは、新しいテストに関する情報を随時発信していますので、ぜひチェックしてく野暮。

 比較的時間に余裕のある高1?2生のうちに、いろいろな大学について調べ、自分が学びたいと思える大学?部局に出会いましょう。大学のオープン校庭に参加したり、興味のある学問に関する研究が行われている大学について調べたり…。自分の目で見て、聞いて、触れて、自分の五感を使って大学?学部研究をしてく野暮。志望校に対する具体的なイメージをもつことは、勉強に対するモチベーションアップにつながります! Kei-Netにも、大学?学部研究に役立つ種々なコンテンツを用意しています。ぜひご利用く野暮。

 左のグラフは河合塾のOB?OGがカレッジ受験を意識した勉強を始めた時期を、秋時点の学力レベル別にまとめたものです。学力レベルが上位になるほど、早い時期からカレッジ受験を意識した勉強を始めていることがわかります。間に合わなく化す前に。みなさんはいつから大学受験を意識した勉強を始めますか?

河合塾では、高1?2生のうちからチュート後様ルや個人面談を通して、一人ひとりに最適な学習指導や入試情報を提供します。カレッジ受験を意識した学習計画など、気軽にチューターに相談することができます。

 カレッジ入試は、高校1?2年生の範囲から多く出題されます。高校3年生の1年間に懸けるのではなく、3年間をかけて、じっくりと受験勉強を進めて粋ましょう。日々の予習や復習、定期テストの勉強は完全、高校3年生の1月、入試本番につながっています。
 さあ、ミッションをク後様して、栄冠を勝ち取ろう!

大学受験対策を高1から始める場合にやるべきこと?勉強時間?参考書。

カレッジ受験への意識が高いと、高1の段階から対策を始めたくなることがあります。受験対策は高2からでも間に合いますが、高1からベースの力を養っておくと、難関カレッジを目指したり、スムーズに受験勉強を進めたりするために役立ちます。

そこでここでは「カレッジ受験のために、高1から取り組んでおくべきこと」を紹介します。

高1の段階で力を入れておくべき科目は、「英語」と「数字学」です。これらはどの大学を受験するにも重必然となることが多く、高1から勉強しても無駄になることがありません。

大学によっては理科や社会を受験科目として指定していなかったり、英語や数字学の配点が高かったりします。また、英語?数字学は、勉強に時間がかかりやすいです。そのため高1から準備を取っ掛かると、より確実に対策をすることができます。

これを踏まえて、次に挙げる7つのポイントに気をつけてみてく野暮。

大学受験の土台となる学力を身につけるためには、学校の勉強を大切にしてく野暮。授業をよく聞いて、できるだけ疑クエスチョン点を残さないようにします。また、定期テストの出端に復習をして、これまで習った内容を自分のものにしましょう。

人によっては「テストさえ乗り砕片れればいい」と考えて、テスト前に「その場しのぎの勉強」しかしないことがあります。これでは、カレッジ受験に通用する学力を身につけることができません。

新しいことを勉強したら、ざっとでも良いのでノートブックや教科書を見直して復習しておきましょう。1度習った内容はすぐに忘れやすいため、テレビをビューポイントている合間などに少し復習しておくだけでも理解度が違ってきます。

高1の間に「勉強為来たり」を身につけておくことができると、本格的に受験対策の勉強をするときに役立ちます。できれば1?2時間、日毎夜毎勉強する習慣をつけましょう。

受験勉強は高2で1~2時間、高3で5~6時間ほど勉強する人が多くのです。また、高3秋?冬の大学入試が近付く時期には、8~10時間の勉強をする人も多くのです。

こうした長時中止の勉強は、すぐにできるものではありません。少しずつ勉強時中止を長くするからこそ、できることです。高1から1日1~2時間の勉強をする為来たりをつけておくと、高2になったときには2~3時間ほどの勉強ができるようになります。

また、1日1時間でも日毎夜毎続けていると、その勉強量はかなりのものです。あなたは高2の時点で、ほかの同朋達より大きくリードすることができます。「30分+30分」のように細かく時間を分けても構わないため、できるだけ日毎夜毎勉強しましょう。

高1のうちに英語で力を受けいれるべきことは、「単語」と「文法」です。英語の入試クエスチョン題でメインとなるのは、「長文」と呼ばれる文章クエスチョン題です。

文章の意味を理解して読み促すために、単語と文法はとても大切です。多くの高校では単語帳と文法の参考書?クエスチョン題集が配布されているはずです。これをそのまま活用して、優先取りの勉強を進めましょう。

大学受験に必要な英単語を覚えるための単語帳として人気のものに、「ターゲット19零零」という教材があります。これを目安に考えて、高1で19零零個の単語全てを覚えることができるとベストです。かなりの量ですが、これを終えると高2?高3の英語り手学習がとても楽になります。

文法は学校の授業についていくだけでも大清勝です。復習をして、学んだ文法論はきちんと身につけておきましょう。

英語力をより高める道順法として、「リスニング」を日頃から聞いておくこともおすすめです。

カレッジ受験ではほとんどの受験生が必ず受ける「センター試験」という試験があります。センター試験は「高校内容の知識を確認する試験」で、主要5科目全てのクエスチョン題が用意されています。

センター試験の点数を考慮して、合否を決定づける大学は多いです。各大学ごとに「センター試験の英?数字?国の点数字を、合否決定の判断材料とする」のように決めているのです。

センター試験の英語り手では、リスニングが課されます。また、今後も入試にリスニングを導入するカレッジは増えると考えられます。「実際に使える英語力」として、リスニングの力は必必然不可欠だからです。

また、リスニングの練習を重ねていると、英語り手を理解しやすくなります。長文を学ぶときにも、リスニングのプラクティスを活かすことができるのです。

学校で配布される教材にリスニングのCDがついているなら、それをスマホなどに入れて聞くとよろしいです。また、リスニングの教材が書店などで販売されているため、基本レベルのものを購入して、通学のときなどに聞きトレンドすと良いです。

数学に関しては、学校の勉強についていきながら「チャート式数研出版」の勉強を促すと良いです。

チャート式は「大学受験数学の定番」となっている参考書で、さまざまなパターンの問題について、解き道順を身につけることができます。

チャート式には「白」「黄」「青」「赤」などの色があり、色によって難易度が相異います。白が最も簡単で、赤が最も難しです。

たとえば同じ「二次関数字」の分野でも、白は基本的な問題が中心、赤は複雑な計算が必要な問題が収録されています。その中でも黄チャートは「基礎~標準レベル」のクエスチョン題が網羅されていて、とてもバランスの良い内容となっています。

黄チャートをひと通り学び終えれば、受験数字学に必要な解法のパターンをほぼ習得することができます。学校で配布されているケースは、学校の進度に合わせて黄チャートの学習も進めておきましょう。もし学校で使わないケースは自分で購入して、高1の段階から進めておくと良いです。

高1の間は以上のことを意識して勉強を促すと、受験に必要な基礎力を身につけることができます。

ただ、「自分のペースで早々勉強を進めたい」という場合には、リクルートの「スタディサプリ」というサービスがおすすめです。

スタディサプリは「月98零円税抜で、大学受験の主要科目全てを学ぶことができるサービス」です。英語や数字学はもちろん、国語や理科、社会についても勉強でき、スマホを使って学ぶことができます。スタディサプリでは「プロの予備校講御師匠さんによる動画授業」が1万本以上用意されており、これを自由に学べるのです。

自分で教科書や参考書を読み促すのが難しい場合、スタディサプリで動画授業を見ながら勉強を促すと良いです。「1日に30分はスタディサプリの動画を見て、あと30分で復習をしよう」のように決定づけると、効果的な学習をすることができます。

スタディサプリは最初に「2週間のおためし期間」があり、無料で経験することができます。まずはおためしで様子を見て、合うようなら本格矢所に勉強で使うと良いでしょう。

ちなみに英語のリスニングや英語力を重点矢所に伸ばしたい場合、「スタディサプリEnglish」という英語を集中して学べるサービスもおすすめです。こちらも月98零円税抜で、これ以外の料金はかかりません。空虚き時間に英語を気軽に学べるので、高1の英語学習に最適です。最初に7日間の無料おためしができるため、親子で相談して使ってみてく野暮。

ここでは、「クオンティティー1からの受験対策」について紹介しました。高1の段階では、まだ本格矢所な受験勉強を始める必要はありません。ただ、基下地的な力を身につけておくと、高2、高3になってより受験を意識するときに、とても有利です。焦らなくても良いので、まずはできることから勉強を始めて粋ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です