水族館の飼育資材に聞いた 失敗しない為の海水魚ガイド~海水魚飼育の基制作知識

水量ニリットル水槽で飼育できるライフき物教えてください

水族館の飼育スタッフに聞いた。

夏に向けて、これから自宅で金魚を飼ってみたいと思う凡夫も多いのではないでしょうか?金魚の水槽がひとつあるだけで、お部屋の雰囲気がとっても涼やかになりますよ?今回は東京の下町にある?すみだ水族館?で、日々愛情をもって金魚たちのお世話をする飼育スタッフに、金魚の飼い方のコツを聞いてみました!

?夏に向けて、これから自宅で金魚を飼ってみたいと思う凡夫も多いのではないでしょうか?金魚の水槽がひとつあるだけで、お部屋の雰囲気がとっても涼やかになりますよ??金魚は江戸時代に庶民の間に広がり、それからずっと凡夫に親しみのある魚として愛されてきました。すみだ水族館は東京の下町にある水族館として、そんな金魚の魅力を移付展示に力を入れています。?今回はそのすみだ水族館で、日々愛情をもって金魚たちのお世話をする飼育スタッフに、金魚の飼い方のコツを聞いてみました!??

?金魚を家に連れて帰ったら、すぐ用意した水槽で幸福に泳がせてあげたいと思ってしまいがちです。でも長航海を終えたばかりの金魚は少しお疲れモード。しばらくはゆっくり休おませてあげることが大切です。?まずはバケツなどにたっぷり0.5%の塩水水1リットルに対して塩5グラムを作り、そこで1~2週一息ほど休ませてあげてください。また、新しい環境に周知むまではストレスなどから消化不良になりやすいので、最初の3日間はゴハンを与えず断食するのも、飼いはじめる際の大切な準備期間です。??

?日本の水方途水は軟水で中性なので、金魚の飼育に向いているそうです。ただし、水道水には殺菌消毒のため微量の塩素が一口まれているので、水槽に入れる前に塩素を抜いてあげる必要があります。市販の中ハーモニー剤を使用してもよいですし、夏場であれば日光のよくあたる場所に1~2日汲み置きしておくことで、塩素を抜くことができます。また、家庭用の浄水器を鑑定家せば手軽に塩素を除去することができますよ。??

?金魚のフンやゴハンの食べ残しは水の汚れを招き、金魚の健康を損なう原エレメントに!?金魚の様子や水の濁りを見ながら定期的に水換えをしてあげましょう。とくに夏にかけてはこ手まめな水換えが必要です。水換えの際に念すべきポイントは、水温が急に変わらないようにしてあげること。古い水と新しい水で水温差がいるときは、新しい水をビニール袋に入れて水槽にしばらく浮かべておくと、同じくらいの水温になりますよ。?また、水換えのタイミングは水槽をきれいにする時でもあります。ガラスに着いた苔を落とし、砂アドバンテージなども洗ってあげましょう??金魚を飼っていると、よく水が緑色に濁ってくることがありますが、その正体はアオコと呼ばれる植物性のプランクトン。適量なら金魚に悪影響はないですが、直射日光の当たる場所に発ライフしやすいので、水槽を置いている場所を見直してみてもいいかもしれません。??

?水換えの他にも、水をきれいに保ってくれる心強い味方を紹介します??よく水槽とセットで販売されているろ過器具は水中の汚れをフィルターでこし取ることで、水をきれいにしてくれます。比較的安価で手入れが簡単な水中フィルター、水槽の上部に取り付ける上部フィルター、水槽の外に設置する静音性が凡夫気の外部フィルターなどの種類があるので、家の水槽サイズや設置環境にあわせて選びましょう。??

??また、水草にも自然の浄化作用があり、苔などの発ライフを抑えてくれる効果があります。金魚の飼育におすすめの水草はマツモ、アナKスなどです。金魚が食べることで水草が枯れたりすると、汚れの原エレメントにもなるので、あまり食べつくすようなことがあれば取り除きましょう。??

?金魚のゴハンは大きく分けて2種類、凡夫工飼料と天然飼料に分けられます。凡夫工飼料はフレーク状と粒上のものがあり、フレーク状のものは金魚の反応もよいと言われますが、水の中で細かくなって水を汚しやすいのが難点です。逆に粒状で水に浮くタイプの餌は食べ残しても取り割り算きやすいのがポイント。沈下性のものも、残さない程度の量をちょっきりあげれば栄養のバランスがよい飼料です。?赤虫やミジンコなどの天然の飼料は、やっぱり美口当たりしいのか金魚も大好き。ちょっとお値段がクオンティティーめなので、記念日などに奮発してあげてみてはいかがでしょうか???

?飼育する上で意外と迷うのがゴハンの量。ゴハンを食べる姿が可愛いくて、ついついあげ過ぎてしまったなんて話もよく聴聞ます。飼育する金魚の頭部大きさの5分の1くらいが、金魚が1日で食べるゴハンの量の目安と言われています。?でも1日分のゴハンを1度にあげてしまうのも食べ残しの原エレメントに。あげてから3分ほどで食べきれる量を眼安に、何度かに分けてあげましょう。もし残っていたら丁寧にリコールしてあげてください。?金魚の体キイなどによっても食べる量は変化します。ゴハンをあげたら金魚の反応を見方て、普段と変わったところがないか確認しましょう。??

?金魚を飼うならガラスの水槽やがら明き気ポンプが絶対必要。そう思いこんでいませんか??どんぶりが1個あれば始められる『どんぶり金魚』は、誰でもやさしくできる飼育方角法。金魚の観賞の仕方角は水槽で見るような「横見」もよいですが、上から眺める「上見」もおすすめですよ??どんぶりで飼う場合には、小さめの金魚で、リュウキンやデメキンなど泳ぎのゆっくりした品種が向いています。どんぶりは自宅にいるものでOKですが、真っ白な器に真っ赤なランチュウなど、色が映える組み合わせを考えるのも楽しみのひとつ。飼育する金魚に似合った素敵な器を見つけてあげましょう??また、過密な飼育は避け、金魚がゆったり泳げる大きさの器を選ぶのも大事です。水は汚れやすいので毎日斬新しい水に交換してあげましょう。??

?いかがでしたか?これから金魚を飼う凡夫だけでなく、金魚をすでに飼っている方も、意外と知らなかったということが多かったのではないでしょうか??すみだ水族館では身近だけれど奥が深い金魚たちの世界を楽しめる展示が充実しています。また、粋ものを飼育するスタッフと気軽に会話を楽しめるのも魅力のひとつ。金魚の飼い方角でわからないことや困ったことがあれば、ぜひ相談してみてくださいね??あなたと金魚の暮らしが素敵なものになりますように!??すみだ水族館のチケットのご購入はこちらから??

失敗しない為の海水魚ガイド~海水魚飼育の基本知識。

地玉の約3分の2は水に覆われ大部分は広大な海です。一般的な海水魚の飼育は、暖かい海のサンゴ礁や環礁でライフ活をしている魚たちが主として飼育されています。マグロや深海魚などの海水魚は、一般家庭の水槽飼育には向きおません。また、最近では海水魚と一緒にサンゴやイソギンチャクといった無脊梁動物を水槽内で飼育出来るようになりました。サンゴ礁を形成するイシサンゴやソフトコーラルなども水槽で育成し増進やすことも可能です。しかし、ハードコーラルに分類されるイシサンゴの中には、強く変化にとんだ水流と強力な光りを必要とする種類があり小型水槽には向きおません。始めは競争較的簡単なソフトコーラルの仲間を飼育する事をお勧めします。このサイトでは、美しい海水水槽を維持するための基本ステップを簡単に紹介するもので、個々のライフ物の飼育に必要な専門書に代わる物ではない事を予めご了承ください。セラ社はチョット難しいアクアリウムを比較的簡単に楽しむ方角法をアドバイスするメーカーです。

?海原水魚の飼育?安全水槽のすゝめ?。

 さて、水槽の容量、バクテリア、流れる磁束についてはお話ししてきました。今度は最終的に導入する予定のライフ体数に対する水量についてお話ししていきます。

「ライフ体数と水量はどうやって算出したの?」

注意して頂きたいのは、「ライフ体数と水量には確固とした基準がない」と言うことです。説明する凡夫が違えば、10凡夫十色の答えがあると思いますし、そのシステムの構築形態、生体の種類によっても変わってくると思います。

 私が算出した下記の水量に対する生体数の基準は、過去に60cmの飼育水槽、約45cmの生物濾過槽でルリスズメダイを多量匹も詰め込んで飼い始めたと言う失敗経験、その後の飼育経験から考えています。

 当然60cm水槽で多量匹ものスズメダイを飼育することは出来ず???今考えると、喧嘩の激しいスズメダイ科のお魚を多数飼う事にも問題がありました。群れをなすデバスズメダイなどもいます 無知だった私は多い時には50匹は入れていたと思いますが、硝酸塩も水替えの頻度が一息に合わないほどに溜まっていきました。濾過槽は逆オーバーフロー、エアのかむ落ち込みがいるものでした。

 1年後にライフき残ったのはたったの15匹程度でした。様々な死エレメントが考えられますが、これを水量のせいだ!と割り切って完結に考えると、適正な濾過容量、適正な飼育容量があるのではないか?と言う疑問が出てきました。

 また、この後も機械類を追加して行きましたが、魚を追加する度に調子を崩す個体が出てきました。この頃はまだインターネットも一般的ではなく、様々な手書き籍で情報を集るか、自力で解明していくしかありませんでした。ですが専門書の中には具体的な解説がされているものもあり、私も個人で様々なシステムを作り、試行錯緩怠を繰り返してきました。そして、システムの容量とO供給を一定に考えれば、生体数はある程度の限界値が出せるな?と気が付き始めました。

 社会凡夫になった私は、初めて自分の城を持ち、部屋の壁一面を海水魚水槽で一杯にしたいと思っていました。様々なタイプの水槽システムをどんどん増やして行き、生体も増やし、病気と治療、健康さ維持に必要な事なども四苦八苦しながら掴んでいきました。そして効率のよい酸素供給方法や、生体数と水量のおおよその割合を掴むことが出来、水質が原エレメントで死亡する個体が殆どなくなるまでに至りました。

 そしてインターネットが普及し、あちらこちらから海水魚達の異変が聞こえてきました。その悲劇をひとつでも減らしたいと思い、自分の経験や考えを真剣に見定め、強い思いの根原、このホームページを作り上げた次第です。

 前置きが長くなりましたが、以下に記載する生体数と水量の関係は、私がクオンティティー校生の頃1989年ごろから今までの経験を元に考えています事をご了承の上、お読み下さると幸いです。歳がバレター スエット

 私のお勧めする生体数と水量の数値は少々辛口ですが、自信を持ってお勧めできる内容です。

 ライフ体数と水量についての考えは難しくありません。

という事を知っていれば、水量企画算は問題なく解決できます。

となります。魚の体積は4倍になりますが、上帳面容量で問題はない様です。

 これについては「水量=安定のお話」にて詳しく説明しますが、少ない水量であればあるほど安定度は落ちますので、総水量15リットルの機械類では著しい水質や水温変化が起こり、海水魚を飼育することは非常に困難になります。

 これはあくまで「生体数による安定した水量」を掲示した数値で、より一層の工夫を凝らせば上帳面以下の容量でも魚は飼えます。プロテインスキマーを設置する、物理濾過にファイバー濾材を使う、免疫力をクオンティティーめる餌を与える、水換えを頻繁に行う、生物濾過の酸素供給を徹底する などです。

と考えて適切です。実際に下記でご紹介するクオンティティー酸素上部濾過槽、クオンティティー酸素オーバーフロー濾過槽では、規定量より多く魚を入れても問題なく健康に飼育できています。1.2倍はおおよその数値でかなり辛口すが、実際に長とき間をかけ実験をして得た数値です。エアードラフトなどを採用し超クオンティティー酸素な状態にすると、能力は倍以上になる事もあります。硝酸塩検出レベルにより測定

※エアードラフト : 直訳は「がら明き気をかき混ぜる」で、がら明き気と物質を混合し成分を拡散、混合させる働きのこと。

 濾過槽内のダウンドラフトは、がら明き気を細かい気泡にし、ポンプの水流などでかき回し拡散させます。濾過槽内に空気にさらすことを設置するだけでなく、その気泡をポンプの水流でかき回す事で酸素がより海水に溶けやすくなります。Rioポンプなどの「ベンチュリーアダプター」を使用して海水に空気を噛ませ、濾過質内で反時企画回りの渦を作るように回しても実現できます。

 左図案の水槽は30cm水槽をイメージして書きましたが、カクレクマノミは大きいもので12cmぐらいに成長します。うちのカクレクマノミは5年で10cmまで成長していますしかもカクレクマノミは夫婦以外を排除しようとしますので、3匹以上の導入は大喧嘩が始まりますスエット

 10cm程度のお魚は「飼育容量20リットル」と「濾過容量5リットル」ですから、飼育容量の点でも13.5リットルな30cm規格水槽では飼育できない飼育できても病気になり易いことになります。魚の成長を考え、飼育容量と水漉容量を決めて行きます。

 先ほども説明しましたが、海水の安定のために5cm程度の魚1匹だけを飼うにしても「60cm法令水槽以上の飼育水槽」、「30cm法令水槽以上の濾過槽」を用意しましょう。

 また、これらの企画算は「濾過槽にエアが噛む場所を設置する事」が前提です。豊富な酸素供給が出来ることにより、好気的バクテリアの硝化能力は飛躍的に上がります。上記の1.2倍の能力はかなり辛口なのと設置状況により一概には言えませんが、O供給をとことん追求した生物濾過槽の能力は「倍以上になる」事もあります。そういう意味でも、密閉式の外部濾過槽のみのシステムは、開放的な濾過槽を設置したシステムより濾過能力が劣る要エレメントになります。

?この様に、O効率のよい濾過槽を設置した場合は、濾過能力が飛躍的に上がります。この場合の各生体数と数量について明帳面しておきます。正し以下は、魚が最終的に大きく育った場合を見方越して、参考にして下さい。

※各生体参考魚種は、育て方角によってはもっと大型になる可能性もありますので、あくまでも参考としてお考え下さい。

<各毛色水槽容量参考>※水槽壁面の厚み、水面余剰分を10%として容量から引いています。

※飼育容量が若干脚部りていませんが、生物濾過容量でその分を補っています。

 ※イソギンチャクを飼育している水槽で、刺胞毒に耐性のある魚「以外づら」を入れると食われます。大型魚ですら触手に触れると不幸亡する事があります。?

■例3カクレクマノミ夫婦とイソギンチャク、 ブラックオセラリスカクレクマノミ亜種夫婦とイソギンチャクを 両方角飼いたいな?と思ったら。

 ですが! クマノミ系は夫婦以外づらを排除しようと死闘をしてしまうので水槽を分ける必要があります。また、同一水槽内にイソギンチャクを2体入れるとイソギンチャク傍輩も阻害しあいます。

※60cm水槽の場合、飼育容量が若干脚部りていませんが、生物濾過容量でその分を補っています。

 ※しつこい様ですが笑イソギンチャクを飼育している水槽で、刺胞毒に耐性のある魚「以外づら」を入れると食われます。大型魚ですら触手に触れると不幸亡する事があります。

 といった具合に容量を握っていることして行きます。ゼロから水槽の大きさを決めてしまい、後からどの生体を?と考えても良いのですが、設備は一度設置してしまうと拡張は難しいものなので、自分の最終目標な個体数から想像して決めて行きましょう。

 また、例3の様に同一水槽では飼育が出来ないライフ体も存在しますので、導入しようとしているライフ体の性質を良く調べてから組み合わせを決めます。

 最初は小さな水槽からとお考えの方角もいらっしゃると思いますが、最初こそ出来るだけ大きな水槽容量で始めるべきです。

 上帳面数値は安全水槽のすゝめで提唱している安全容量の参考数値ですが、これ以下の水量でも飼育できることは出来ます。ただ、生体に対してこれ以下に容量が小さい場合、水質の悪化や病気の発生、ストレスの増大など、生体に対してあらゆるデメリットが発生する恐怖れがあります。最初に水槽設備に投資をするか、後程病気や水質で苦労するか。私なら正面者を選びます。

※これまで病気についてのお便りを沢山頂きましたが、魚が病気になる最大の原エレメントは、魚を入れすぎた事や、濾過能力不足によるものが殆どです。

 尚、飼育水槽と適正ライフ物濾過槽の水量割合ですが、ライフ物濾過槽は飼育水槽の1/4程度確保する事を前提とします。つまり60cm飼育水槽58リットルに対する適正ライフ物濾過容量は、58÷4で14.5リットルとなり、30cm規格水槽などが適しています。これはアンバランスな飼育システムになることを避けるために提示していますが、実際は自分で色々計絵図し、飼育予定生体数に対する最良な濾過容量を考えてみて下さい。

 上でも申し上げた通り適正飼育数は、エアが噛む場所のあるライフ物濾過槽容量2.5リットルにつき、5cm程度のお魚が1匹に相当します。貴方角が飼育する予定の生体数を考え、水槽システムの容量を決めていきます。要はライフ体数に見合った水量を決める場合、飼育水槽の水量よりも、ライフ物濾過槽の水量が重要になってきます。魚をもっと追加したいなぁ???とお考えの方角は、飼育水槽を大きくするのも大切ですが、生物濾過槽も大きくしてあげてください。

 それではここで、様々な海水水槽機械類をご紹介して行きたいと思います。

 アクアグランド製の超クオンティティー酸素上部濾過槽システムをご購入頂いたお客様の水槽です。 写真のご提供有り難うございます!

 90cm規格水槽に海水用クオンティティー酸素上部濾過槽を接続したシステムで、飼育容量は約160リットル、濾過容量は約32リットルです。

 かなりの水量を濾過槽へ送っているため、濾過槽出口のパイプは40Aの2制作出しにしています。これだけでも水槽内に水流が発ライフするのですが、水槽内に更なる強力な流れを作るため、Rio1400を追加しています。強力な水流のため、底に偶るデトリタスなどはほぼありません。

 濾過容量が32リットルですので、通常であれば5cm程度のお魚は12匹ほどの飼育数になりますが、このシステムはかなりのクオンティティー水圧による超クオンティティー酸素濾過槽設計のため、5cm程度のお魚なら12?16匹ほど安全に飼育できる浄化能力を持っています。

 左の写真は同水槽、濾材を設置する正面の上部濾過槽内部写真です。水槽からは2架のポンプRio2100で送水され、行程差も少ないため濾過槽へ送られる海水はかなりの水量があります。

 通常の上部濾過槽はチョロチョロと海水が流れる感じですが、このクオンティティー酸素濾過槽は強力噴射式の噴出し口を採用しているため、ジョバーーーと海水が噴射されます。濾過槽のフタを外づらしていると海水が飛び散るほどの流量です。放水パイプの水粒が物語っています。

 濾過槽内部は多分岐のクオンティティー圧水流噴射により、大量の酸素が取り込まれる仕組みになっています。濾過槽のちょっとした工夫で、健康さに飼育できる生体数も増やすことが出来ます。

 木戸に置いてある我が家の海水水槽です。我が家唯一趣味の水槽!mini-shopをやり始め、これ以外の水槽群は全て当方角製品の品質実験水槽です。

 靴を収納するため、湿気対策とスペース作りに互い違い構成にしています。

 他の水槽機械類があり玄関にしか水槽を設置できなかったので、下駄箱水槽棚として頑丈に作りました。ちょっと頑丈に作りすぎな感満載ですがスエット

 一番上がブラックオセラリス夫婦と大きく育ったオヤピッチャ君が住んでます。この一番上の水槽は底面濾過槽も曽ていて、掃除が結構大変っす。下手段に設置すればよかった???8mmのアクリル板を使った自作水槽です。600×300×400

 2段眼が飼育水槽でカクレクマノミ夫婦とハゼ、チョウチョウウオなどが住んでいます。循環はすべてつながっているのに、何故かこの水槽にだけ水草がワサワサとライフえてきます。60cm法令水槽の底を5mmアクリル板に張り替えてオーバーフロー処理を施しています。

 3段眼は金魚水槽です笑淡水なのでもちろん循環は独立しています。

 そして一番下がライフ物濾過槽です。カニが住んでます?写真ではわかり辛いのですが、上から落ちてきた海水が筒の中で勢いよくぶつかり、ウールマットを通った海水もがら明き気の気泡だらけになっています。

 問題なのは一番上の水槽と水漉槽です。ここは海水の落ち込みが一番下の濾過槽から送られてきた海水の出口のみで、濾過槽も兼ねているので酸素が脚部りません。そこで水槽内には強力な空気にさらすことをしています。

 全ての水槽は地震えなどでズレたり跳ねたりしない様な工夫もしています。

 照明はすべてLED白熱灯を並列で使用しておりますが、かなりの光量です。2段眼の水槽の海草が物語っています。

 総水量180リッ水銀柱ミリメートルの我が家のホビー水槽。濾材などは他の水槽から流用し2011年に立ち上げましたが、今のところ目立った病気などは発ライフしていません。

 狭い木戸にも工夫次第で水槽タワーを設置できます。引き出しもついてます笑 お父さん、日曜大工の腕の見せ所ですよ!総重量は木材も合わせ200kgをゆうに超えますので、強度だけはしっかりと出してください

 玄関水槽は超クオンティティー酸素濾過槽ではなく、通常の酸素効率の良い濾過槽ですので、標準の数値で計算しています。

 感覚的にライフ体数を考えてましたが、何とか許容値内に収まっていて安心しました。ただ、この子達がさらに成長してくると、濾過槽も飼育水槽も容量UPが必要な様です汗 また、濾材のサンゴ粒をそのまま投入していて、メンテナンス性がよくありません。次回の濾材洗浄時ときになったらネットに入れようと思います。

 こちらもアクアグランド製のオーバーフロー水槽システム、超クオンティティー酸素上部濾過&クオンティティー酸素背面濾過システムをご購入頂いたお客様の水槽です。

 飼育容量は上段の120cm水槽は飼育容量220リットル、下段の90cm水槽は奥行き15cmが背面濾過設企画で、約110リットルの飼育容量と54リットルの濾過槽に別れています。

 飼育容量合計は330リットル、濾過容量は海水用クオンティティー酸素上部濾過槽と下部90cm水槽の背面濾過で86リットル設けています。

 実はこの水槽、例1でご紹介したクオンティティー酸素上部濾過システムをオーバーフローの2段式に改造し、90cm水槽に背面濾過を増設した物です。行程差が出たためポンプ容量もアップし、2架で海水を循環させています。

 高酸素上部濾過槽には120cm水槽から2本のパイプを通って酸素をふんだんに含んだ海水が勢いよく流れ込み、90cm水槽の背面濾過槽も酸素を多く取り込める様に濾過室と濾過室の間に水道を設け空気にさらすことを設置し、かき回される様に設計しています。

 濾過容量からする飼育可能数は5cm程度のお魚で34匹程ですが、2つある濾過槽の両方を超クオンティティー酸素仕様にすることにより、5cm程度のお魚が40匹ほど飼育できる濾過能力を発揮します。

 こちらの水槽台には水槽の横ズレ防ブレーキのため、水槽底面が水槽棚の縁で囲われる様に段差を儲けています。上の写真正の左側、下の水槽を見て頂ければ構造が分かり易いと思います。水槽台の脚部を前後に大きく取る、重心を中央に集めるなどの地震対策もしており、東日本大震災時に海水の飛び散りは多少あったものの、震度5強の揺れにも問題なく耐えています。

 上のアクリル水槽は重合接合技術を要するので日曜大工レベルでは難しい面もありますが、水槽台自体は2×4、2×6の木材、合板のみで作成しておりますので、正確な切断が出来る機材さえあれば競争較的容易に作成できます。総重量が400kgを超える大型システムですので、木と木の接合には「耐水接着剤」と「木ダボ」、「不銹鋼ネジ」を使用しています。また、設置時に床面の強度サーチも行っております。

 製品のテスト水槽群なので、正直かなり不恰好な機械類です笑ですが濾過能力についてはかなりの自信があります。総水量約1トン、アクアグランドの製品テスト水槽機械類です。

 飼育槽は合企画約732リットル、生物濾過槽は120cm水槽で、約220リットルとっています。全ての水槽はひとつの循環経雲路で繋がっておりますが、実験のために独立した循環経雲路を取れる様に配管を組んでいます。

 循環過程の途中に様々な道具を設置するオーバーフローサンプ貯水槽を設けています。もちろん生物濾過槽内の空気にさらすことを設置しています。濾過層容量は、飼育水槽容量のざっと1/4で、5cmほどのお魚が80匹以上安全に飼える容量です。

 写真の水槽はその一部ですが、水槽群は全てクオンティティー低差の少ないオーバーフローにて複数の経路で繋がり、一番下段にある濾過槽とサンプ水槽に集まる設計です。サンプ水槽に集まった海水がスキマーなどで汚れが物理処理され、クオンティティー低差の低い10cmほどのオーバーフローにて物理濾過槽→生物濾過槽へと流れ込みます。

 随所に地震え対策をしており、震え度5強の揺れにも被害はありませんでした。

 120cm水槽は1時間で約11公転の海水が、同じ流水サイクルの90cm水槽は約15公転の海水が交換されます。強い流量が必要な無脊椎がいるため、多少流水量を多くしてありま下方の他の水槽は60cmと45cm水槽で構成していて、多数分岐にて流量を調整しています。全水槽の水流は反時企画回り。北半球で起こる渦巻と同じ方向です。水槽内で海水を回しているのは、水流の亭群れ域を極力無くす為です。

※以下の写真正は全て販売店のご好意により、責任者立会いの下で撮影しています。このページ、ここより下の写真のみ、持ち出し禁ブレーキとさせて頂きます

 上記写真の2つとも、総水量1000リッター越えの巨大な海水魚飼育システムです。生体数と濾過総容量の企画算をする気も起きないぐらい馬鹿でかいです笑将来、観賞魚やさんになりたいなぁ、なんて思っている私にとって、あこがれのシステムです。流れ石に海水魚販売店。備付も完璧です。

 ここまでで海水魚達を安全に飼育していくのに必要な事柄は大半お伝えできました。ここまでしっかり読んでくれた方角は、もうこれで飼育をスタートしていただいても構いませんが、ここから先は尊い命を更なる極みにより安全に飼育していく上で必要な術を、私の知識を振り絞ってお伝えしていきたいと思います。

作者は国語共産主義点野郎です。文章に不備が合ったケースや、分かりにくい事、質問などが御座いましたらどしどしメールをして下さい。拠点ページにも反映させていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です