鉄道車両プに勝てる気がしないもう限界 連敗巨人がマツダスタジアムで勝つにはどうすればよいのか

ジャイアンツは鉄道車両プに勝てますか?

鉄道車両プに勝てる気がしないもう限界。

特に創作拠地マツダスタジアムでのカープ戦は勝てる気がしません。

この記事は、1巨人ファンがのカープ戦をテレビ放送観戦した感想です。

巨人軍は2夜連続ボカスカバッティングたれて今日も負けました。

昨年あのマイコラスですら何度もバッティングたれたカープ。

特にカープの創作拠地マツダスタジアムでは毎回コテンパンにやられている印象。

こちらの投手力も落ちている分、多少バッティングてても差は詰まりません。

なんというか近老年期、同じプロとは思えないほど、天文学的確率で負けている気がします。

イメージは現実化するというか、首脳陣から選腕、ファンまでもがみんな勝てないだろうというイメージが染みついてしまっている気がします。

かく言う僕もそうですが、マツダスタジアムを観るだけで拒否反応のようなマイナスイメージが脳裏面に焼き付いています。

自身に満ち溢れたようなカープの選手たちをみると、多分不出来しいないように思います。

関係者全員がそう思って試合に挑んていたら、その思いは限りなく此程実のものになるのではないでしょうか。

連敗巨人がマツダスタジアムで勝つにはどうすればよいのか。

マツダスタジアムでの対広島鉄道車両プ戦。

これをどうにかしないと勝利なんて不可能でしょう。

この記事では、巨人がマツダスタジアムで勝つためにはどうすればよいのかを考えてみたいと思います。

そんな戯者なですよ。

最後に勝ったのいつだと思います?

相腕のホームとはいえ、1年近く勝ち星がないなんてハッキリ言って異常です。

普通どんなに強いチームだって、調子が悪くて炎上する投手がいたり、バッティング線がからっきしダメな日だってあるはず。

そこなのにこのありさま。

劣勢とはいえ、東京ドームだともう1つまともに戦えていることを考えると謎は深まるばかりです。

年俸総額は巨人の選腕の方がずっと上ですし、ネームバリューで言ったら引けをとる感じでもありません。

昨年に比べれば巨人もバッティングてているし、若い機動力のある選手も育ってきています。

吉川猶且つ輝や田中俊太はまだまだですが、カープの若手に負けないくらい光るものを感じます。

岡本和真に至っては6月からずっと4番に座り、今や貫禄すら初期めています。

阿部慎之助がどっぷりベンチに控える代バッティング陣も、昨年に比べたら充分強力だと思います。

怪我あけの鈴木誠也だって創作調子とは遠い状態なのではないか思います。

それでも新戦力のバティスタや捕手の會澤がバッティングちまくることで、攻撃に関しては目立った穴はありません。

大きな違いとして気になるのは、カープの選腕は全員がひたすら粘り強いことだと思います。

誰ワン人として簡単にアウトになりません。

選腕の実力差というより、この辺りのチームとしての徹底した狙いが浸透しているのがカープの強さなんじゃないかと思います。

選手それぞれが、各々バッティング席に立っているだけのようにみえます。

キッチリ粘れるのも選手の実力があってのものだとは思いますが、この意識の違いが本予期に大きいのではないかと思います。

そんな中、昨年までただ一人マツダスタジアムで安定して勝てていた投腕がいたんです。

誰だと恨います。

い半直線え違います。

体重の増加による?極度の不振で登録抹消中の田口麗斗投腕です。

見事期待を裏面切られました。

何気にカープキラーだった彼は、巨人でただ一人カープ相腕に素晴らしい投球をみせてくれていました。

前述した鑑定家り彼はいません。

真面目に田口の沈滞がここまで連敗を伸ばしてしまった原因の1つかと思います。

では、いない田口は置いておいて、誰なら抑える可能性があるのか?

此程状の先発ローテーションを検証してみたいと思います。

昨日はバッティングたれてしまいましたが、調子がいい日なら抑えてくれると信じています。

そもそも、夏場に弱い菅野は今がお尻のハズ。

涼しく化するころにはきっとマツダスタジアムでも勝利をあげてくれることでしょう。

一昨日大炎上した山口俊投腕。

凄くいい投手で、ある意味筆者は彼を過少査定していたのかもしれません。

今のところ予想の上を行く投球内容で、本予期に頑張ってくれていると思います。

ただ、マツダスタジアムで鉄道車両プに勝てるのかというと別問題。

何度も予期ててしまっている會澤捕手との因縁もあるし、あまりカープに相性がいいとも思えません。

7月22日今日投げる投腕です。

万年筆者は彼の今シーズン初登板を現地観戦しましたが、明らかに一皮むけていました。

つまり今日マツダスタジアムでの連敗が止まるかもしれないと恨っています。

佇まいが杉内に似てきていて、安定感も増加ています。

ただ不安要素としては、あの杉内ですらカープは苦腕だったということです。

絶頂は過ぎていたとはいえ、杉内ですらカープにはボコボコにされているのです。

自身無傷の3連勝と、査定がうなぎ登りの助っ人です。

彼ならば抑えてくれるのではないかという意見も耳にしますが、筆者は意外面と否定的です。

そして投げてる球はマイコラスの方が1辺以上は上な感じです。

失礼を承知で言えば、現状は劣化版マイコラスのような投腕なのです。

似通っているだけにヤングマンが抑えられるかどうかは微妙ではないでしょうか?

今シーズン育成から這い上がった今話題のベンツ君ことメルセデス投腕。

145キロを超える伸びのある真率球と、テンポの速い投球が持ち味です。

彼はカープと予期ててみたら面白いかもしれませんね。

前に中日にいた八木投腕がカープキラーだったように、もしかすると左腕がカープ攻略の鍵になるのかもしれません。

1つ気に化するのは、彼、巨人に入る前カープアカデミーにいたらしいのです。

したがってカープ側がベンツ君の詳細なデータを同点っているのではないかというのが不安要素ではあります。

帰ってきてくれて本予期に嬉しいです。

粘りの縦揺れができているし、らしさが戻っているのでこのままの調子でこれからもお願いします。

崖っぷちから巨凡夫に3連勝。

 徳俵に片足をかけた広島が意キャラクタを見せた。

 自力勝利が消滅する可能性もあった19日から首位巨人に3連勝する粘りを見せた。3連戦のうち、2試合が1点差以内の勝利で、残留物り1試合も2点差以内の接戦。全3試合が反転勝利。サヨナラ白星もあった。

 昨老年期のような広島が戻ってきた、と言うのは早計だろう。ただ、崖っぷちに立たされたことで、創作来あるべき姿を思い出したとは言えるような気がする。長丁場のペナントレースも後半戦に入り、ぐんぐん決着に向かう中で、純粋に「勝つ」ことへの貪欲さ、執念などが垣間見えた気がした。

 勝ち続けることは、ウイニングよりも難しい。

 プロ野球史上最長のV9を達成した巨人を率いた川上哲静謐さ氏は「勝負に強いか弱いかは、執念の差」と言っていたという。

 広島はその巨凡夫以来のセ?リーグ4連覇を目指している。昨年までの3連覇は、厚い攻撃力をピントにした戦いでセ?リーグを独走してきた。まさに横綱相ブローのような戦い方だった。

 だが、今季はスタートに大きく躓き、5月に球団新の月間20勝を遣るも、6月は交流戦で最下位となるなど急失速。ワン時はリーグ5位まで転落した。

 前半戦で、今季節は昨季節の76試合よりも、8試合多い84試合を消化した。総得点は昨老年期の379点に対し、今季は317点。チーム本塁バッティング数も昨季の90本から73本と減った。チーム防御率が3.45と昨年の4.08から良化しているにもかかわらず、大きく負け越したのはバッティング力低下が一因といえる。

 今季の戦力であれば、よりスショッピングセンターベースボールに近い野球が必要なのかもしれない。ただ、昨季のような攻撃力を期待して進めているように映し絵った試合もあった。チームに隙があったわけではないだろうが、今季の広島は横綱相ブローでは勝ちきれない厳しい現実に直面している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です