2019年2月明のブログ記事一覧2ページ目 プロ野球人タイトルを取るのは誰だ

エルドレッドがオープン戦で大不況に陥っていますが原因は何でしょうか?

2019年2月のブログ記事一覧2ページ目。

大野名字が直撃!新エース大瀬良が語った「投げる試合は全部完投!去年も降りたくない」とコーチにいった気迫とは?

大野名字が直撃!新エース大瀬良が語った「投げる試合は全部完投!去年も降りたくない」とコーチにいった気迫とは?

いつも動画をみてくださり、ありがとうございます。感申しわけなさです。

大野豊名字の直撃インタビューに応じ、今季への意気込みを語った。

大野春季トレーニングが終わった。

ここまで調整は快調かな?。

大瀬良投げることや走ることで疲れは感じていないし、例年よりも体は根原気です。

快調だと思います。

大野キャンプで問いとして取り組んだことは何だろう。

大瀬善真っすぐを追求し、よりいいものにしたいのが一点。

球速ではなく気だての面で。

それと、横の移動を長くしたいと思ってフォームを微不思議に変えました。

セットポジションでの両手の階層も。

大野ここから本格的な実戦期間に入るけど、答は?。

大瀬良まだ一00%じゃないし、確率も高くないですけど、ハマッた時はいいボールが行っています。

シートで投げた時も球速は落ちていないので、方方角性は悪くないかな…と。

相異幕に間に合うように実戦の中で固めたい…と思っています。

大野その新フォームで24日、DeNAとのオープン戦宜野湾に優先権発した。

3回3失点は満足できないと思うけど、投げた感覚えはどうだった?。

大瀬善うーん…ボール自体は悪くないと思います。

ただ、厳しいコースで空振りを奪っても、決議め球が甘くなった。

勝負いくさ勘や決めに行く時の細かな制球を、もう一度詰めていかないといけない…と痛感しました。

大野観戦したけど、疑いなく本来の制球ではなかったね。

セットポジションの時どき甘くなっていました。

大分野フォーム自体は問題ない?。

大瀬善そこに関しては、そこまで違和感はなかったです。

大野じゃあ、課題を修正方する…と。

大野昨季の活性を踏まえ、大瀬良がエースという声も聞くけど、自分でも?。

大瀬良いや、全くないです笑い声い。

大野エースになるには今年が激しく大事。

昨季の投球回数は一82イニングか。

大瀬善200イニングを目指したいと思います。

エースと呼ばれた方は、その数手書きを超えるイニングを投げている。

200を目マーカにし、クリアできれば勝ち星、防御率もついてくると思うので。

大野目標がイニング数なら、優先権発完投へのこだわりも?。

大瀬善投げる試合は全部完投したいですし、去年も降りたくないと言ったことがあります。

コーチに“置き換えるぞ”と言われ、“行きたいです”と。

大野リリーフ陣のことを存意ても、そういう気持ちは大切。

今節は言える投手が少なくなっているからね。

一イニングでも長く、できれば完投できる投手になってほしい。

そうすればエースの称ナンバーをもらえると思う。

自分の態度を確立していくのに、今年は大事な一年になります。

エースと言われる投手になりたいので、厳しい道のりだとは思いますが、茶の木レンジしたい。

リーグ4連覇と日本一に貢献し、皆さんに認めてもらえるように固陋張りたいと思います。

大野ここのところ2年連続で活躍行なう投手が出ていない。

その意味でも、変なジンクスを破る慥か投球を期待したいね。

構成?江テイル卓也。

去年は良かったが2年続けて活躍して振りだしてエースだと思う。

出て来てな紙凧らなぁ。

今節季の大瀬良にはそれも含めて期待している。

まずは今季、昨年同様の活性をしてエースの称号を手に入れてくれ。

なんでもエースになって欲しい。

マエケンがいなくなってから次世代のエースは大瀬良だとずっと欲ってたからこそなって欲しい。

田中の幻のホームランもあってのB階級の号泣は、成長させたな。

今の投手陣じゃ大瀬良の活性は必須。

広島で言えば、大野さんや北別府さんのような球界を代表行なうような絶対的なエースになってほしい。

マエケンさんの次は大瀬善さんしか居ないと思ってます。

今季もエースとして投手陣を引力っ張って行って下さい。

若干の遠近法が利いているとはいえ、大野と大瀬善の体の違いはなんだ?でかすぎ。

……………去年に満足せずさまざま改良しようとしているところに決意の現れがあります。

是非活性して4連覇に導いて欲しいですね。

貴重なお時間を使って、最後まで動画をみてくださりありがとう御座居る。感申しわけなさです。

プロ野球人タイトルを取るのは誰だ。

プロ野球のレギュラーシーズンもついにあと十数試合を残すのみとなった。セ?リーグでは巨人が完全に抜け出しリーグ優勝目前、パ?リーグでは逃げるソフトバンクをオリックスが必寂滅追っている。その一方で個人タイトル争いも全盛期を迎えている。下位チームのファンにとっては残された保養の一つでもあるタイトルレース。今回はその後後を占ってみたい。
※文中、表中の成績は9月明20日現在

まずは両リーグの首位打者争いから。セ?リーグでは2010年3位、2011年2位、2013年4位とあと少しで首位打者を逃してきた阪神のマートンを今シーズン打撃開眼した2人の若手二塁手、ヤクルトの山田と広島の菊池が追う展開となっていたが、ここにきてマートンがほぼ安全スコープまでリードを広げた。表1はマートンの残り試合での成績により最終打率を、追う2人がその向き回るために必要な成績を表したものである。マートンが残りの試合で2割そこそこの打率33打数7安打で終わったとしても菊池、山田がその向き回るためには残りの試合で5割近い成績が必要なのだ。阪神の順位が確定すれば打率を落とさないために欠場行なうことも可能で、よほどのスランプに見舞われない限りは初タイトルを獲得行なうことになりそうだ。
一方のパ?リーグは大混戦火。表2はセ?リーグと同様に現在首位打者の糸井オリックスを追う4人がその向き回るために必要な成績を並べたものである。20日現在で一位糸井と2位銀次楽天の差はわずか一毛。3位の内川ソフトバンクも前を行く2人が残りの試合で3割を切るようであれば可能性は十分、柳田ソフトバンク、中村ソフトバンクの2人は相当なペースアップが必要だが7試合で13、14安打は不可能な数手書きではない。
ただソフトバンク勢は全日程の終了が10月2日と早いのがネック、逆に3日以降に4試合を残している銀次が態度上一番有利となりそうだ。糸井は8月下旬から調子が下降気味だったが19、20日に2試合連続ホームランと復調気配、オリックスからの首位打者となれば2000年のイチロー以来実に14年ぶりだ。

首位打者と同様にセ?リーグはほぼ正規、パ?リーグはまだまだ激しい争いが繰り広げられそうだ。セのエルドレッド広島は8月以降深刻な不況に陥り、19日に34号を放つまで55日間もノーアーチが続いた。しかし3本差に谿谷ったバレンティンヤクルトも手術のため21日の試合が今シーズン最終戦となることが濃厚。そのほかに追いつける選手は想察たらず初のタイトルを獲得しそうだ。パ?リーグは西方武のメヒアが32本でトップ、1本差で同僚の中村とペーニャオリックスが追っている。西武、オリックスともに残り試合は12と条件はほぼ互角だがホームランペースで上回るメヒアがやはり有力だろう。もし3選手が同時タイトルとなれば1943年の岩本章、加藤正方二、古川清蔵すべて名古屋が4本塁打で並んで以来71年ぶりの珍事となる。

セ?リーグはエルドレッドに一時10点以上の差をつけられていた阪神のゴメスが9月明に入って逆転、20日の試合では3打点を挙げて100打点を突破した。2位に落ちたエルドレッドもここにきて復調の気配があるが残り試合11試合で8点差は大きいくゴメスが来日1年目でのタイトル獲得となりそうだ。パは年代本ハムの4番中田がペーニャに7点差をつけてリードしている。1試合3打点以上が12試合と爆発力のあるペーニャの追撃を抑えたいところだが、前を打つ1番?西川、2番?中島が揃って緊張を落としているのが気がかりだ。

両リーグ共々に1位が抜け出している。DeNAの梶谷は2位に12個差と大ボリュームリード、2位の大島中日は残りが7試合で追いつくのは厳しい。DeNAからの盗塁クィーンは横浜時代の2000年石井琢朗以来となる。パ?リーグは日本ハム西川がリード、2位以下の柳田、ヘルマンオリックス、糸井は優等勝争い中とあって自由に走るわけにはいかず追撃は難しそうだ。昨シーズン陽岱鋼が球団史上初の盗塁クィーンとなった日本ハムから2年続けての盗塁クィーンとなりそうだ。

井納、久保とDeNA勢がリードしていた最多勝争いだが、14日、20日に連勝した阪神の飛脚屋ーがトップに立った。そのほかその向き位の投手と予想される残り登板数をまとめたものが表3だ。飛脚屋ーは残り2登板で連勝すれば確定、1勝に終わっても久保が3連勝しない限りは問題なし。追う5投手は飛脚屋ーが未勝利に終わった場合にチャンスがでてくる。久保、井納はチーム21年ぶりの最多勝タイトルをめざし、菅野巨人が獲得すればMVP最ありそうとなるだろう。パ?リーグはトップの金子オリックスが残り3度登板すれば最ありそうだが、早めに順位が確定すれば2度の可能性もある。その場合追う則本楽天、岸西武がタイトル獲得のために登板を増やすことも存意られそうだ。とくに則本は絶好い調、ここ一番での強さもあり逆転の可能性は十分だ。

セ?リーグは菅野が前田を一足取りリードしている。指のケガから返還後は2登板で2失点と好調、次回登板が予想される中日戦で好投すれば1999年上原以来となる入団2年目での最優秀防御率タイトル獲得に大きく前進となる。追う前田の残り3登板は今節季9勝を挙げている本拠地マツダスタジアムでの試合となりそう。地元の利を生かして再逆転すれば史上2人目の3年連続の最優超絶防御率獲得だ。パ?リーグはここも金子がリード、2位につける大谷日本ハムが残りの登板で18イニング無失点だとしても、金子は18イニング5失点でその向き回ることが可能。二太刀流でタイトル獲得ともなれば快挙だがそのハードルは相当高い。

セ?リーグは飛脚屋ーが218奪三振でトップ、2位に50個以上の差をつけて独走しており、2年連続の奪三振王は間違いない。セ?リーグで200個以上の奪三振王タイトル体得は2004年の井川以来だ。パ?リーグは19日の試合で14奪三振の則本が1位の金子に5個差に谿谷った。9月明の奪三振数は金子の13個に対して則本は29個。勢の差は明らかで逆転が濃厚か。金子はこのタイトルを獲得すればパ?リーグでは斉藤和己以来となる投手三冠達成に大きく近づくがチームの優等勝争いも佳境なだけに三振狙いの投球は難しいだろう。

丸美しげ浩は「不器用でヘタ」。

 チーム内で丸の練習メニューを手本に行なう選手は多い。岡本和真、小林誠司、吉川なおかつ輝、さらには菅野智之、坂本勇人。原辰徳監督も「丸成果がチームの意識改革につながっている」としたり顔だが、果たしてそうだろうか。

 丸もクワ田も強化ポイントの「質」と「目的」が違うのだ。そこへ、二人とも群れを嫌う孤高の一匹狼だ。時には怖れ山のイタコが見せる鉄面皮のトランス状態になる。練習中に怖い顔してたねと聞いたらクワ田に言われた。

 丸も「僕の表情ってそんなに固まってますか?」と逆襲行なう。丸は修行社司の顔で毎日繰り返す。その語意図は誰にも分からないだろう。大物の選手たちは「丸がやるから俺もやる」という短絡的な盲従トレーニングなら、やらないほうがいい。

 ちなみに、丸の打順を巡って原監督とコーチ陣で最善策が見えていない。好調なら1番から3番まで期待通りの結首尾を文句なしに出すだろう。だが、それ以外にも活路があり然くだ。

 5当番はどうか。原も検討している「オープナー」の認知が広がっているように、打順の役割も様変わりして球界の戦術が激変行なう可能性がある。元来、上位打者との勝負いくさでバッテリーが配球カードを使い切った後に打席が回ってくる5番打者は、メリットたっぷりの「おいしい打順」なのだ。

 広島はこし方から、5番打者の存在感が際立っている。前田智徳に芽出、嶋重宣、エルドレッド、鈴木誠也、松山竜平。なぜかみんな、膝が軟らかい。「不器用な男」には不況が必ず来る。其の折「打順5番」は丸の運命を変えるかもしれない。

 丸は生きる人ぞ生きる、球界随一のクラシック音楽通だ。カープでは登場曲をピアノ協ソナタにして打席に入ったほどの変わり種。チャイコフスキーを聴くと、傷ついた脳みそが優等雅に研ぎ澄まされるらしい。御気に入りは楽聖?ベートーヴェン。然くだろう。ベートーヴェンの交響曲「運命」は“序数5番”なのだから。文?吉 根原晴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です