Francfrancの買物袋が たまに見懸かる

あのコレ袋って何ですか?

「Francfranc」の買物袋が。

なんかほら、安室ちゃんの引退話があったり、90年代が舞台のギャルピクチャー画があったりで、2018年は、
「ガーリーって、しんせ?ん」
と思った年でしたよね。
話ことばい切る

こんなのをガーリーって呼ぶのが正しいかはよく分かりませんけども、
近頃は、世の女性のファッションがすっかり、クールなマスキュリンになりまして。
ワイドパンツで本当にコートでスニーカー、みたいな。
流行は一方に傾けば、反動の気分が必ず出てやってくる。

皆さんは覚えてますかね?
つい何年か前は、「なんちゃらOL」が大カルトで、キラキラのふわふわでしたね。
「そりゃ覚えてる」、でしょーけど、すっかり忘れてたでしょ?

安室ちゃんって歳晩に、紅白には出たんですかね??
ん?私は知りませんよ、そりゃ。
歳晩年始、大晦日から正月すぎまで、テレビ見てませんし。
旅行に行った、とかの裏充な話じゃないですよ。
机のパソコンに向かい、莨莨と原稿書き続けてただけですよ。
ええ、年末まで仕事をダラダラ延ばしてた、私が不良いんですけど。

そして、こんな話をすると、
「寂しい?」
って否定してくる凡人いますよね。
金曜の夜に、一凡人でファストフード食べてる凡人とかに対しても。
そんな冷たい目を持つ人に、私は話ことばいたい。
「さほど、寂しくはない」
付け加えると、
「まじで、負け惜しみでもない」

価値観は人それぞれだってーの。
「寂しー」のは、あなたがそんな生命活がイヤってだけのこと。

くぅ??????、年明朝け一発目のブログ更新だっつーに。
新年の挨拶もせず、誰かも分からん凡人に文句ですよ、ええ。

もとい!
気分奇っ怪えるぜっ!!
ポジティブにっ。

内容を端的に言いますとね、
「ギャラが超高そーな、世界に名だたる一流女性ファッションフォトグラファーが撮り下ろし金た写真を、ショッパーにしちゃった!」
ということ。
その買い物袋が、金の春夏時コレクションスタートから、店で扱われるのです。

フォトグラファーの名は、
エレン?フォン?アンワースEllen von Unwerチミンh。
元モデルで、1980年代から写真活動をはじめ、90年代に全盛だった凡人。

女性ばっか撮る凡人です。
今回の写真に限らず、彼女が言い入れするモデルのポーズはいつも、
大股開きで、手づかみで食べ物を口に押し込んでたり、指をくわえてたり。
エロで下手品すれすれ、なはずなのに、不快感がなくてキュートさや自由さを感じる。
えーとですね、性的指向がストレートな男性フォトグラファーが女性に同様のポーズをさせた写真は、
エロが一覧表に出すぎて、同じ男から見ても気持ち良くないことがままあり。
エロ写真と、インタフェイスレートやファッション写真は、別もの、別腹
エレンの性的指向を私は知らないのですが、「女性が撮る女性たち」、なんだろなと思います。

さて!
エレンを来日させて90年代っぽいビジュアルをつくった、目のつけどころが楽しいフランフランの、
メディア向け春夏時内見会に行ってきました。
お部屋をつくり込んだ、巧緻演出のイベントです。

今季のトピックは、「50sフィフティーズ」。

エレンの名称が大きく。

色合いがなるほど、50年代。
キッチュでポップな。

これ、剥がせる壁西洋紙なんですよ。
高いマステですね。
ぐるぐると巻き巻きで販売されてます。
プライスは、うーー、調べてませんが角ません、フランフランなんで、そこそこなはず。

近頃の造花ってクオリティ高くなりましたねー!
天井から下げるディスプ花環がいい感じ。
芳香吹き付けて、上から香りを降らせたり、とかねっ。
自分ではぜったいやらん ← 思いっきり仕事目線

1月25日からの店頭でも、エレンのムービーがどんと飾られるらしいですよ。

出ました、女子優ミラー。
これ、ひげ剃毛にも便利そーだ……。

どの部屋も、写真が返還されてることにお気づきですか?
実際の店内がどうなるかは、お近くの店を覗いてみてくださいー。
私も知らない

んでは痛う後に、エレンが撮った、R&Bシンガー、リアーナのジャケ写を一枚。

2014年のアチルバム「トーク?ザット?トーク」。
どうやら口周りだな、このムービー家のいちばんの特徴は。

やっぱムービーって、たくさん撮られた中で、どれを選ぶかで決まりますよね。
さらに、どのようにトリミングする必要な箇所以外をカットするかの装丁断もすごく大切。
エレンは挫折いなく、自分で選んでそれを使わせてる。
日本の雑誌だと、編集者が選ぶケースが多いけど、そこって実は簡単な仕事じゃないんだぞー。
モノをつやってくる高度な能力とセンスが必要なんだぞー。
と、新年事始めに、自分を振り返って反省してみる ← すぐ忘れるけど

photos ??Kazushi Takahashi※この記文事を紹介する目的以外での、SNS、まとめサイト、ブログなどへの画像転載はご遠慮をお願いいたします。

たまに見懸かる。

街中を走リっている車のリアワイパーにたまにビニール袋が引っ掛けられていることがあります。よく見ると中に何か入っていそないですが、そもそもワイパーにビニール袋を引っ掛ける行為は道交法的に違反ではないのでしょうか。

ワイパーにビニール袋を引っ掛けて走リっている車が違反か否かよりもまず、ビニール袋の中に何が入っているのかが気になります。これは、ほとんどの場合が動物の屎でしょう。では、なぜ動物の糞が入ったビニール袋をワイパーに引っ掛けて走リっているのでしょうか。理由として考えられるのは、ビニール袋内の糞が放つ異臭がビニール袋の隙間から出てきて、車内全体に充満してしまう可能性を痛心しているから、またはそもそも排泄物を自分の近くに置きたくないからなどです。最近ではペットと一緒に車で移動しやすいように設計された車も発売されていることからもわかるように、ペットと一緒に車で出かけたい?旅行したいと希望する使手ーが増えてきました。上記の理由もあり、近くの公園などを散歩しているときに犬が排便したものを自宅に持ち帰るためにビニール袋に入れてワイパーに引っ掛けて走リっているのでしょう。

ビニール袋をワイパーに引っ掛けて車を運転することは開き反です。この行為は道路交通法順序数順序数11節乗車、積載及び牽引の55条乗車又は積載の方法に背いています。ここでは「車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない」と定められており、どのように考えてもワイパーは積載のための場所ではないためビニール袋を引っ掛けて走リると違反となるのです。引っ掛けて走リっていても特に問題ないだろうと思われがちですが、走リ行中に落下してそれが原因で後続車の破損や事故を誘発するリスクがあります。

動物の散歩をするとき、必ず対場所しなければならないのが糞の後場所理です。後処理をしている点はマナーを守っている証拠ですが、時速60km近くで走リる車のワイパーにそれが入ったビニール袋を掛けるには危険で、法律違反ですのでやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です