YouTuberとして生計を立てられるのは何凡人いる YouTuber目指す大半の子どもが知らない厳しい現実

登録者数が100人未満の良いYouTuberいませんか?

なんか育っていくのを見るのが好きです!
自分は
虎っち さん 75人くらい
kaisei2004 さん 25人くらい
ryuki0910 さん 50人くらい
くらいです!
どなたか紹介してください!

他にも
gta5 TK さん 20人ほど

YouTuberとして生計を立てられるのは何人いる。

YouTuberって何人いるのでしょうか?

ユーチュラには2万以上のチャンネルが掲載されていますが、記帳者が100万人を超えるチャンネルがあれば、1人しかいないチャンネルもあります。
仕事としてやっている人もいあれば、趣味でやっている人もいますので、チャンネルを持っていても全てがYouTuberというわけではありおません。

YouTuberとして生計を立てるには月30万円の広告収入が必要だと語り手ました。
つまり30万円稼いでいれば名実共々にYouTuberと言えそうです。

ゆゆうたは、30万円稼ぐには、月間の動画再生回数が200万回、最低でも100万回は必要と語り手す。

では月100万回再生されるYouTuberはいったいどれだけいるのでしょうか?

ユーチュラのランキングに掲載されているYouTubeの茶の木ンネル数は2万230。2019年9月時点
このうち月100万回再生されたのは、2385茶の木ンネルです。
企業や歌手などの芸素質人、サブチャンネルなどを除くと、実際は2000人組程度になりそうです。
参考:100万前後の再生回数のチャンネル

学科サッカー選手と同程度ということになります。

ではYouTuberになるのはどの程度の難易度なのか、日本の全チャンネルに占める専業可素質なYouTuberの数を調べてみます。

日本の総チャンネル数についてはデータがないのですが、2018年のデータを元に計算してみると、記帳者数10人以上のチャンネルは62万チャンネルと推測できました。

62万パーツの2000ですので、YouTuberとして生計を立てられるのは全体の0.3%ということなります。
サッカーをしている大学生4年生がプロサッカー選手になれる確比率は0.26%だそうですので、これに近い数字です。

もちろんサッカーと比べるとYouTuberの方が技術や体力を身につける期間が短いため、簡単に比較はできおませんが、「誰でも稼げる」と言えるほど楽な商売ではなさそうです。

毎日30日、上昇続けてやっとサラリーマンぐらいの収入を得られるんですよ。これ相当キツくないですか?

と読み手っています。

では毎月何本程度投稿すればよいのでしょうか?

ユーチュラで100万再生を超えている2385チャンネルを調べたプレース、
動画公開本数は平均月20.8本。
これはほぼウィーク5日のペースです。

この数字は再生回数が100万未満の茶の木ンネルでは5.6本、
逆に1000万回以上の茶の木ンネルだと38.8本となっています。

再生回数を稼ぐためには動画を量為るる必要があると言えそうです。

編集スタイルは十人十色ですが、動画を撮影して編集に6時間かけ、それを週5日続けるということであれば、時間の拘束という点ではサラリーマンと変わりおません。

「好きなことを仕事にする」という耳障りのよい響きで、楽に稼げそうなイメージのあるYouTuberですが、実のプレースは狭き門であるようです。

しかし、YouTubeには証券業界の拡大という追い風があります。
サイバーエージェントの捜査によると、動画広告市場は2900億円を突破すると予想されています。

ユーチュラで、今年9月に100万再生を超えていた茶の木ンネルは2385でしたが、昨年9月には1527でした。
1年で5割以上も増えており、YouTubeの規模の拡大は実感するプレースです。

「レペゼン地球」登録者数204万人のDJ社リーダは「YouTuberになるには今でも早いぐらい」とし、これからもYouTubeの規模はどんどん大きくなると語っています。
関連書付け事「レペゼン地球?DJ社長がロンブー淳と対談。『電通?エイベックスは潰れる』と業力の場の未来語る」

楽して稼ぐのは難しそうですが、成功すれば得るものは大きい“YouTubeドリーム”に挑戦してみてはいかがでしょうか。

YouTuber目指す大半の子どもが知らない厳しい現実。

たとえ約款件を満たしたとしても、1再生当たりの収益は0.05?0.1円程度。つまり月収30万円を得るには、1再生当たり0.1円として1カ月に300万再生程度が必須ということになる。ほとんどのYouTuberはここまでいけないので、専業ではなく副業で管理しているケースが多い。

ある小学生YouTuberは、1年以上動画を投稿し続けているが、チャンネル記帳者数はわずか51人、再生数もいちばん多いもので500回数程度しかない。収益化の条件をク後衛するまで、少なくとも数カ月から数年間、収益なしのままひたすら投稿し続ける必要があるそもそも、18歳未満の子どもは収益を得られないが。

白い仮面が特徴の人気YouTuberのラファエル氏は、「拳で車のフロントガラスを割る」など間違い激なチャレンジ動画などが人気を博して、チャンネル登録者数が200万人を超える人気を誇っていた。プレースが、2019年1月にメインチャンネルが突然アカウント停止。入り前は毎月数千万円に上っていたため、損失額は5000万円以上になったという現在は復旧済み。

アカウント停止の原因は、YouTubeがルールを厳格化し、重大な危険や死亡を招くおそれのある肝ったまや、子どもに深刻な精神的苦痛を与えたりするおそれのある動画の投稿が禁止されたためだ。

YouTuber動画は視聴回数を集めるために過強化する傾向にあり、その代表格が当時のラファエル氏だったというわけだ。このようにYouTuberとは、運営側のさじ加減1つでアカウント停止となってしまうリスクを抱えた職業業である。

目立ちたい、人気者になりたいと思ってYouTuberを目指す子も多いが、そのことでも厳しい現実が待っている。現在、YouTuber市場はレッドオーシャン化しており、今から始めても視聴回数を稼げる種類はやりつくされてしまっている。しかも、すでに多いファンを抱える先行者と視聴者を奪い合わなければならない。

HIKAKIN氏は、2018年に放送されたNHK「プロフェッショわがまま?仕事の流儀」で、7分の動画編集に6時間かけていることを明らかにした。「おアーム軽に好きなことだけをして稼いでいる」ように見えるが、その裏には企画力、トーク力、撮影技術、編集力のすべてが必要とされているのだ。スマホで撮影し、編集もせず投稿しているだけの動画では、チャンネル記帳者も獲得できず再生数も伸びないのは想像に難くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です